ホームページリニューアル!!!

笑ジャパンのホームページが本日リニューアルされました!!

 

以前の何倍も素敵なサイトになりました!デザイナー・プログラマーの皆さんありがとう!

 

今回リニューアルに踏み切った理由ですが、

ほぼ100%人財採用のためです。

 

直近1年間で、エン転職、リクナビ、indeedと求人を掲載してきましたが、満足できる結果ではありませんでした。

掲載原稿や写真の見直し、ホームページの微調整などを繰り返しましたが、求人効果に大きな変化はありませんでした。

 

特に東京営業所の営業職・営業サポート職の人材獲得を、5年で約20名目指しているため、会社としての一番の課題となります。

なぜそんなに応募がこないのか・・?(毎回数名の方からは来ます)

 

やはり一番に考えられるのは、扱っている業種だと思います。

キャバクラ・ガールズバーなどのナイト案件を扱うため、やはり一般的には怖いイメージ、運営会社もブラックなイメージがあるのかもしれません。

実際はそんなことはないんです。店舗スタッフの方は、ほとんどが真摯でポケパラにもとても協力的な方です。

運営する笑ジャパンもめちゃめちゃ楽しい会社で、ブラック要素はありません!

 

それをもっともっとホームページを見に来てくれた方に伝えたい!

そんな思いで超急ぎでリニューアルに踏み切りました。

 

WEBデザイナーの杉浦君が主導で作ってくれました。(色々ありましたが)きついスケジュールで素敵に仕上げてくれました。

明日からリクナビの掲載が始まります。リニューアルの効果が発揮されることを祈り、今日は岩盤浴に行って汗を流したいと思います。

 

以上、おつかれさまです。

読書について考えてみる

今年1年にわたっていくつか書籍レビューを書いてきた。

今年もようやく落ち着くことができ、いま地元伊勢市の実家で缶ビール片手に書いている。

 

読書について考えてみる。自分は小中高と国語がすごく苦手だった。テストで小説の一部から作者や登場人物の感情を読み取り回答する問題は、ほぼ不正解だった。当時はそんな文章を読むことになんの意味があるのかと思っていた。

高専に入り情報処理の勉強には勤しんで三重県最年少で難しい国家試験にも合格していたが、本を読み日本語、言葉を学ぶという行為は好きになれなかった。

今の仕事に就く12年前はイタリアンのお店でパスタを作っていた。その当時も当たり前だが本などまったく読んでいなかった。毎日仕事から帰ったらパスタの練習に励んでいた。

そんな雑談はさておき、実家には父親の小説がたくさんあった。今でもある。少し手に取って読んだこともあるが、まったく興味が湧かなかった。読書をすることに何の意味があるのか理解していなかったからだ。

 

自分が読書に興味を持ち始めたのは名古屋に来て笑ジャパンに入社してからだ。11年前に入社したのだが、さまざまな人と出会う中で自分の語彙力の無さに気付いた。国語が苦手だったこともあり、難しい漢字や四字熟語、難しい言い回しを理解することができなかった。そこから時間があるときは小説を読み漁った。東野圭吾さんの小説が好きだった。

そうして読書の習慣が少しずつついていき、ポケパラを任せられるようになり、マーケティングやブランディング、さまざまな知識が必要と感じ、多くの書を読んだ。書籍の購入には金に糸目をつけなかった。自己投資だと自分に言い聞かせ、毎月多くの書を買って読んだ。

ちょうどそのころにmixiやtwitter,facebookが流行りだし、SNSを使ったマーケティングも多く勉強したが、キャバクラという特殊な業界では本に書いてるような手法はたいてい当てはまらなかった。少し悲しい思い至った。

自分が一番好きな書籍の種類は、成功企業の歩んだ歴史が綴られたものだ。

Facebook、Google、Amazon、ザッポス、ソフトバンク、メルカリ、その他にも多くの企業のものを読んだ。なぜ好きなのか。自分も同じように社会で成功したいという強い気持ちが昔からあり、成功した企業の歴史、そこから学べるものは多いと思っている。なにしろ読んでいるとワクワクする。今日メルカリの本を読み終えたので近々レビューを書くが、書いてある場面を妄想しながら勝手にドキドキしながら読んでいる。

 

今年もたくさんの本を読んだ。会社経営の本、組織マネジメントの本、マーケティング本、ブランディングの本。

 

書籍というのは、知識を与えてくれる、知識を得ることができる宝箱のような存在だと最近思う。開けてみないとわからない、読んでみないとわからない、そんな存在だ。

昨日まで知らなかったことが、1つの本を読むことで知ることができる。本を読むことで人生は変わると思う。人生を変えたければ本を読みなさい。来年は社員にそう伝えていこうと思う。

 

今年読んだ書籍の中で一番は、「ティール組織」だ。

この本の内容はほんとうによかった。さまざまな組織構造があるが、今後の主流になっていく組織構造が詳細に解説されていた。この組織構造がうまく回る組織は絶対に強固になり、良いプロダクトをスピーディーに作れることができると思う。笑ジャパンはこの組織体制をベースにやっていきます。

 

また、新しい書籍と出会うのも楽しい。

よく行く書店は、栄のジュンク堂と、名古屋駅の三省堂だが、それぞれビジネス書籍コーナーで紹介されているものは違う。毎回ビジネスコーナーに行き、おすすめの新刊を見るのがとても楽しい。新しい技術の本、新しい世界の潮流、さまざまな新しいものが詰まった本たちがそこに置いてある。全部買いたいくらいだ。

 

最後に、

書籍を読んだ後は、動画講座などで知識を得た後は、必ず自分で考え実践して欲しい。弊社の行動指針でもある、得た知識を自分なりにかみ砕いて吸収する。自分なりに考え実践することで、想定外なこともたくさん起きる。その想定外なことが試練であり新しい学びであり成長へつながる一歩です。挑戦することをやめたら成長は止まります。人間の脳は年を取るごとに劣化していきます。劣化する以上に使わないとさらなる劣化につながります。

社員同士、チーム同士で刺激しあい、高めあえる組織にしていきましょう。

 

 

アサヒスーパードライを3本開け、いい感じに酔いが回ってきたところで終わりにします。

大晦日は毎年恒例の地元のツレで集まって飲み会です。そして朝まで麻雀大会。

くれぐれも皆さん、飲みすぎには注意です。

昨日のブログでも言いましたが、よいお年を。