稲盛和夫の実践アメーバ経営 全社員が自ら採算をつくる

ある方から稲森和夫さんのことを教えていただき、経営の勉強をしようと購入しました。

笑ジャパンの代表となってようやく2年目、まだまだ知らないことが多いですね。日々勉強です。

 

稲森和夫さんは京セラ・KDDIの創業者であり、78歳で無報酬で倒産した日本航空の会長に就任し、翌期には黒字化し3年足らずで再上場までさせた方です。

 

タイトルにもあるアメーバ経営とは、組織をアメーバという小集団に分け、それぞれ採算を意識させるなど、アメーバの目標を達成するために一人一人が意識を高め、自主的に経営に参加する「全員参加経営」を実現するものです。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/management/amoeba/

 

これまで私は組織つくりの書籍をいくつか読んできました。

最近もてはやされているのが「ティール組織」ですが、いま思えばその前身はアメーバ経営な気がします。

組織を小さく分け、それぞれのチームが決済権を与え独自に考え業務を遂行していく、ベースは同じだと思います。

 

多くの人の抱く組織のイメージは、社長がいて、部長がいて、課長がいて、班のリーダーがいて、社員がいる。

指示は社長から段々下に降りてきて、班のリーダー、社員のレベルは上からの指示に従って仕事をする。

このように思っているんじゃないでしょうか?

現実に、多くの会社がこのような流れで回っていると思います。

それを覆えるために、アメーバ経営、ティール組織など、さまざまな概念が提唱されています。

 

笑ジャパンはどうでしょうか。基本的には業務の種類によって部署分けされています。システム部、制作部(画像制作、WEBデザイン、レタッチ、取材)、営業部です。

アメーバ経営や、ティール組織のようなチームがより独立した運営をできることを目指していますが、まだ新体制になって2年目、欲張らず少しずつ前進させています。

チームごとで行う決定には、チーム内で徹底的に考え、比較的自由に実践しています。

考えて考えて考えて、とりあえずやってみる。やってみてだめならすぐに修正。

 

私は以前のブログから何度か言ってますが、『考える』ということを非常に大事にしています。逆に言うと考えない人は嫌いです。

チーム内の話でもそうですが、私に対して相談しに来るときも、考えずに来る人は突っぱねます。必死に考えて、自分なりに結論を出して、その結論に対して意見・決裁を求めてくる人はいいですが、考えもせずにいきなり”なにかいい案ありませんかね”みたいに来る人は対応しません。

ちょっと厳しいようですが、考えることができない人は、考える鍛錬をさせないといけません。

 

これは私のベースにある考えですが、チーム単位でもチームリーダーが実践してくれています。フィロソフィーの伝達です。

さらに笑ジャパンの行動指針にある”チームベンチャー”として、以下のようにチームのあるべき指針を提示しています。

1. チームの生産性を上げるために努力をする。そのためにフォローしあい、積極的にコミュニケーションをとる。

2. チームの目標のために、自らができる最大限の成果を出せるように行動する。

3. トップ・上司からの指示を待つのではなく、チームで意思決定を行い進めていく。ただし、チーム外に助言を求めることは積極的に行う。

4. チームで時間・金銭面でのコスト意識を常に持ち共有し、改善を繰り返す。

http://www.syoh.co.jp/vision.aspx

 

 

稲森和夫さんの経営学にもフィロソフィーの共有については、経営において非常に重要だと書かれています。

業務の指示には口出しはしませんが、経営者のフィロソフィーを共有してチーム運営をしていきます。特に大企業では経営幹部、部長などの重要ポジションにいる人は、経営者と同じフィロソフィーをもち、会社全体への浸透を進めます。

全社員が同じフィロソフィーを持てば、業務は違えども同じ考え、方向性をもって、経営課題・目標に向かって日々楽しく仕事をすることができると考えています。

 

笑ジャパンの第一のフィロソフィーは『楽しい』です。

もちろん業務で辛いことも厳しいこともありますが、最終的にはそれが誰かに『楽しい』を感じてもらうことができるか、自身・チームみんなが楽しい!と思えるのかを考えましょう。

 

話は戻って、この本にはアメーバ経営について細かい手法は書かれていますが、その紹介は割愛します。

とても良い本でした。良い本でしたと言うこと自体がおこがましいですが、とても勉強になりました。

今週のカンブリア宮殿「銚子丸」

毎週楽しみにしているカンブリア宮殿。

テレビ番組の中で一番好きで、見逃した場合でもビジネスオンデマンドで必ず週末に見ます。

 

今週は「銚子丸」という首都圏で回転ずしチェーンを展開している会社です。

初めて聞いたお店ですが、関東では人気なんでしょうね。

新鮮な魚を銚子港から直送し、お店のお客の前でさばいて提供する。

お客様に楽しんでもらうことを理念にやっているそうです。

各お店に座長というポジションが存在し、お客様は観客として楽しませることを重要にしている。

ネタは新鮮で安くておいしい、お店は活気があって楽しい。すごく行ってみたい。

回転ずし業界は右肩上がりで、さまざまなチェーンがあります。僕の地元の伊勢のスシローも休日は毎日待ち行列ができるほど人気で、家族でボックス席で食べるお寿司は楽しい食事会になる。

銚子丸はただの回転ずしじゃなく、毎回楽しいことが待っているお店で、子供からお年寄りまで楽しい思い出がたくさんできて、そうゆうとっころが差別化につながっている。

創業者の言葉がそのすべてを語っている。

「寿司を売るな、理念を売れ」

 

 

ただこの銚子丸という会社、仕組みがすごい。

教育の仕組みや、店舗の体制の作り方など、緻密に作られていて機能している。

先週の華味鳥でもあったが、女将制度を採用し、各店舗に女将をおいている。

 

 

会社の仕組みや体制に正解はないが、その会社の正解を見つけるのが経営者の仕事。その正解を見つけ、磨き上げ、現場で機能するようにしなければいけない。

 

笑ジャパンも私が代表になり1年が経ちました。体制や仕組みもさまざま変えてきた。その変化に現場がしっかり対応し、順調に回っているといえる。

その影響か、特に東京ではポケパラで掲載依頼が後を絶たず、うれしい悲鳴を上げている。

ただ、忙しすぎて余裕がない状態では多くの弊害が現れる。余裕がない状態だと”仕事を楽しく”という理念を意識する時間もなくなってしいまう。

 

笑ジャパンの急務であり、変革しなければいけないのが人財獲得の仕組みです。

東京営業所の営業部に、いま後3名の営業社員がいれば、もっと順調に業務が回っていると思う。人員不足で現場の混乱は会社の責任、私の責任です。

今はなんとか耐えてほしい。その中で新しい人財を獲得して育て、よい流れに持っていきます。

 

銚子丸の会長が言っていた、「誠実が第一」という言葉。

私もまったくの同感で、二次面接では、その誠実さと笑ジャパンの理念にあう人かどうかを見ています。

まだまだリクナビ、indeedで東京営業所の営業社員、営業サポート社員を募集しています。

あと3倍のシェアを5年で獲得する予定の東京営業所に、新たに加わってくれる優秀な方の応募を心よりお待ちしています。

中川、新聞読み始めました

弊社の社員で新聞を読んでいる人は何人くらいいるんだろう・・・。

以前からオーナーが読んでいる日経新聞を笑ジャパンにも持ってきてくれていたが、僕はそれを読んではいなかった。

もともとネットの日経やNewsPicksは毎日読んでいて、それで十分だろうと思っていた。

しかしある日、ある人から「新聞は読んだ方がいいよ。ネットだったらタイトルで読みもしない情報が、新聞だったら自然と目に入り、そこから新たなアイディアが生まれることもある」と言われました。

なるほど!!と32歳の今更ながら思い、すぐに日経新聞と日経MJを契約し、毎日読んでいる次第です。

 

確かに大体は読み飛ばしますが、少しでも気になる記事は業種を問わず読みます。前回の前田裕二さんの記事でも書きましたが、外側からの情報から新たなアイディアを生み出す手法には、新聞などからの情報は欠かせないでしょう。

 

まだまだ世の中には学ぶことがあります。まだまだというか無限に永遠に増え続けます。

日々、年々変わっていく世界で、学びがない人は置いていかれますね。

 

話は変わりますが、いまちょうどビジネスオンデマンドでジパングを見ていますが、ルビーチョコレートが今年は流行るみたいですね。

SHOWROOM前田裕二社長の公演に行ってきた

昨日、東京出張から早めに名古屋に戻り、システム部の松崎くんと二人でSHOWROOM前田裕二社長の公演に参加してきました。

SHOWROOMってみなさん知ってますか?

ライブ配信を誰でもできる仕組みで、視聴者が投げ銭をして配信者が収入を得るというものです。

よく地方の舞台などで演目の終わりに投げ銭ありますよね。それのネット配信版です。他にも17Liveという同様のサービスもあります。

SHOWROOMはAKBグループのメンバーなど、タレントも配信していて、若い世代には人気があるようです。

 

今回の公演に参加しようと思った理由ですが、

数か月前に前田裕二さんの著書「人生の勝算」を読んで、とても印象に残っていたからです。あとは石原さとみの彼氏ということでも覚えていました。

31歳でエリート街道から自分のしたいことを全力でやって、DeNAからスピンオフでSHOWROOMの代表になったすごい人。

そうゆう印象を持っていました。著書での考え方にも感銘をもっていて、プチ憧れの存在になってました。

元々わたしは成功した企業の著書を読むのが大好きで、こういったベンチャー企業の著書もよく読んでいます。なぜ成功したかは著書から知ることもできるし、創設者の人のパワフルな考え方も知ることができます。

 

そんな前田裕二さんの生の声を聞ける良い機会だと思い、速攻で応募しました。3,500円です。当日、司会者の人が1週間で完売したと言っていました。約300席です。すげー。

参加者は20代前半が多く、どうゆう動機で参加しているのだろう…とずっと考えていました。おそらくSHOWROOMのファンの人達なのかなと。

 

 

公演の中でいくつか印象に残ったことを紹介します。

 

何か新しいアイディアやビジネスを考える時、内からと外からの2通りの考え方があるそうです。

外からというのは、現在流行っているサービス、Tiktokやインスタグラム、Twitterなど、そのサービスから派生して何かを生み出すやり方。

内からというのは、自分の中にある「不便だなと思うこと」「許せない、腑に落ちないこと」を解決・解消するサービスを生み出すやり方。

前田裕二さんは内から考える方が多いそうです。

SHOWROOMも「頑張っている人がフェアに報われる社会にしたい」という考えからスタートしたようです。

 

これは笑ジャパンの新事業開発にも役立てようと思います。普段からみんなで不便に思うことを共有し、そこから出た芽を育てていく仕組みができれば理想です。

 

 

初めて著名人の公演に参加しましたが、とても新鮮でした。

著書を既に読んでいたので、話す内容に重複している部分もありましたが、ご本人の熱量を感じることができたため、参加してよかったです。

ただちょっと席が遠かったので、今後こういった公演に参加するときは、ちょっと高くても良い席を取らないといけないと感じました。

 

次はホリエモンに会いたいな。

出会いと別れ

このタイトル、中学生のころに作詞にハマっていて書いた名作のタイトルです。w

その当時は恋愛もまだしたことがなく、妄想で恋愛の詞を書いてました。

と、そんなどうでもいい話はおいといて、会社でも出会いと別れはあります。

社員の入社と退社です。

最近は良い出会いが多いです。名古屋、東京では新たな社員が加わり、より事業を加速させています。

そんな中、今月別れがあります。東京営業所の営業部主任の高橋君が退社します。

 

高橋君は営業部の主任として、営業部の成長、会社の成長に非常に貢献してくれました。

非常に多くの件数を抱え、休みの日に入稿作業やメンテナンスもやってくれていました。

転職先はプロジェクションマッピングを扱う会社で、そこで営業をするそうです。以前から映像系の仕事に携わりたかったらしく、30代になる前に自分のしたかったことに挑戦するそうです。

頑張ってほしいですね。お子さんも3人いるので、家族のためと自分の夢のために全力で頑張ってほしいです。

 

正直このタイミングでの退社はかなり痛いです。2019年は営業4名追加採用予定で、今年の伸びによって来年以降のポケパラの成長に大きく影響してきます。

優秀な社員の離職は会社の責任です。

待遇面や人間関係など、一般的にさまざま理由はありますが、笑ジャパンでは待遇面や人間関係で退社する人は、私が代表になってからはいません。

高橋君のように夢を追う人の退社は仕方のないことですが、笑ジャパンが高橋君の夢を叶えられる仕事を作れなかったことが会社の課題です。プロジェクションマッピングの事業を作ることはできませんが、それ以上に笑ジャパンに可能性と夢を感じられたら退社にはならなかったと思います。

 

東京営業所はまだまだポケパラ1本で成長していきますが、名古屋本社では新たな事業を常に模索しています。数年後、その事業に魅力を感じ、高橋君が戻ってきたいと思ってくれることを期待しています。

 

笑ジャパンを、全員が夢を見られる会社にしたい。

制度ってナニ?

題名の通り、「制度」ってナニ?というか、「制度」っている?って最近思っています。

 

さんざんティール組織とか自発的に個人・チームが動ける組織にしたいって言ってるのに、制度ってのはそれの逆を行っていることに気づいた。

 

弊社にある制度の1つに「アイディアの報酬制度」というものがあります。僕が就任当初に作り、社員みんなが気軽にアイディアを出しあえる環境にするためでした。今でこそ形は変わりましたが、当時はアイディアが採用されて結果によって500円~100,000円程度がもらえる制度でした。

数名の社員は提案書・企画書を作って参加してくれましたが、イメージしていた”みんなが”という風にはなりませんでした。

 

直近の名古屋リーダー会議でも話したことですが、「提案書を作る」とか「スプレッドシートに記入する」とか、なんか固いし自由な感じしないよね、と。

よくあるベンチャー企業のアイディアの募り方は、ホワイトボードとか広大な壁に自由にアイディアを書いた付箋を貼っていく。提案書作るとか、スプレッドシートに記入するとかより、圧倒的にライトでみんなで参加しやすい。

これと同じ方法も考えました。

が、最終的に行き着いた先は、『自由参加型ブレスト』の開催でした。

日々解決すべき課題・案件を、日時を決めて自由参加でみんなでブレストしようってことです。

これは「制度」ではありません。業務の中に組み込むことで笑ジャパンの文化にします。笑ジャパンが創り出すものは、こういったブレストを経てみんなで創り出しているんだ!という文化にします。

最終的には、大小問わずさまざまな場面で自然とブレスト、気軽にアイディアを出しあえる環境にしたいです。

もちろんそこには『楽しい』は絶対必要です(^^)

 

ただ課題もあります。各セクションが日々の業務で忙しすぎます。

今年は下降気味の事業の改革などで、各セクションがフル回転で業務に取り掛かっています。今年の上半期は忙しい日々が続くと予想されますが、既存事業の早期の安定を実現し、Googleのように1日の20%は好きなことに充てるという組織にしていきたいです。

 

アイディアを発掘しよう

たまに登場する松崎くんから以下の文面が送られてきた。

 

今までより1.5倍アイディアが閃く為に

この話を最後まで読むだけで今までより1.5倍アイディアが閃く

かもしれません、、、

まず新しいアイディアがどのような時に頭に浮かぶのかを考えて見ましょう。

集中してる時
集中できていない時
運動してる時
元気な時
疲れてる時
仕事している時
酔っている時
寝起き
寝る前

など色々あると思います。

アイディアを思いつきやすい環境は
主に
(集中できていない時)
(疲れている時)
(酔ってる時)
(寝る前)
と言われています

このような状態で仕事が出来るか!
と思いますよね。

その通りです。
普段行なっている業務には支障が出ます。

ですがアイディアを閃くだけならこの環境がベストなのです。

少し思い返して見ましょう。

仕事や趣味などを行なっている際
集中している時より合間合間の休憩の方が
新しい発想や悩んでいた事が解決出来た事ありませんか?

朝の集中力が高い状態より
夕方の少し疲れてきて集中が途切れている時の方が
新しいアイディアか浮かんできたりしませんか?

ウォーキングしている時や
1人で呑んでほろ酔いの時、寝る直前に
色々な事が頭をよぎったりしませんか?

全然違うしそんな事は無いと言われたらそれまでですが
脳の仕組み上
多くの方はこれに当てはまると言われています。

色々なものに目が行ったり
リラックス状態の時
軽い運動することによって頭に血が回り脳が活発になること時にアイディアは良く閃くと言われています。

人は起きてから夜になるに連れ集中力が落ちてきます。
午前中は業務により集中できて
午後からはクリエイティブ性が増すという事です。

職種によりこの条件に当てはめるのが難しい場合があります。
仕事行くまでの時間
仕事終わってからの時間もあります。
通勤などの電車、バスの時、
その時間の内5分だけでいいので
携帯を触らず無心になり周りを見渡すだけでもいつもと違う環境です。
普段の行動の中で何も考えずにゆっくりする時間を少し作ってあげるだけでもいいんです。

直接仕事に結びつかなくても
新しい事、物、人に出会うことにより
新しいアイディアが生まれるかもしれません

 

彼はメンタリストDaigoが好きで、このこともDaigoが言っていたことのようです。

笑ジャパンでは常にアイディアを欲しています。どんな業務、サービスを作ることにおいてもアイディアは必要です。ほかと違うアイディアが必要です。

名古屋本社では最近本格的にスタートしましたが、毎週リーダー会議で、ポケパラのプロモーションに関するアイディアや、新規事業のアイディアのブレストを行っています。しかしまだ慣れてないメンバーも多く、思うようにアイディアを出し合うことができていません。

会議室で行っていますが、ちょっと固い空気が流れてしまっている時もあります。気軽にリラックスして小さいアイディアでもどんどん投げかけ合う状態にしなければいけません。

去年1年間で会社の安定した体制は築けたと思いますので、今年はより良い体制を作り、新たなアイディアを常に発掘できる会社にしていきます。

1年を振り返って

2018年も残すところあと1日で終わりです。

激動であっという間に終わっていった2018年を振り返りたいと思います。

 

まず圧倒的な人生の転機にになった3月。笑ジャパンの代表を任されました。

就任したばかりの頃は色々変えようと動いていましたが、そこまで会社経営の知識もない中で動いていたため、反発や徒労に終わったこともありました。

社員の中には「中川で大丈夫かな」という不安があったでしょうし、その不安が反発や不信につながったと思っています。そりゃそうですよね。31歳の若造が会社のトップになるって、不安しかないですよね。就任当初は、今まで近しく感じていた社員とも距離を感じるようになりました。(今はそんなことないです)

そして就任してすぐに全社員に個別面談を行いました。各々の思っていること、感じていることをすべて話してもらう目的でした。とりあえず一気にやったため、脳疲労が凄まじかったです。以前まではシステムエンジニアとして80%がパソコンと戦う日々だったのに、急にほぼ100%人と向き合って話す仕事に変わったからです。人と話すのがこんなにパワーがいるとは思っていませんでした。

弱音を吐くようですが、寝ても覚めても疲れが取れず、これはやばいな、自分が崩壊するなと思ってました。そこでまずは睡眠の質をあげるべく、それまで変なマットレスを床にそのまま置いていただけなので、良いベッドを買おうと土曜日にベッド屋を回りました。ちょうどフランスベッドがフェアをやっていたので、良質なベッドを購入することができました。ベッドのおかげか疲労の蓄積も緩和され、本来のパフォーマンスを取り戻してきました。

 

その他で大きく変わった業務として、人材採用があります。人材は会社にとってもっとも大切なものであり、良い人材を確保するためにどうすればよいか、日々考えていました。中小企業がどうすればよい人材を確保できるか、書籍を読み漁ったり、転職サイトの営業さんにアドバイスをもらいました。

しかし、そんなにうまくはいきません。この原稿だったら応募増えるだろうな、と思いいざ掲載スタートしても、ほとんど応募が来ず。売り手市場での厳しさを痛感しました。

特に営業の募集には苦労しました。キャバクラに営業するというがハードルが高いからなのか、会社のホームページが良くないからなのか。できることはすべてやりました。会社のホームページはかなり厚みが増したと思います。そのおかげか優秀な営業マンの獲得にも成功しています。来年は東京営業部はさらなる飛躍のために、早急に人材獲得を目指します。

 

経営理念も作りましたね。そもそも会社に経営理念がないことがおかしいです。社内に親会社の社長(会長)の理念の貼紙はありましたが、笑ジャパンとしての確固とした理念がありませんでした。会長の理念を重視しつつ、笑ジャパンらしい理念を作りました。笑ジャパンがこの先何十年とやっていくために必要なことを考え、そこから落とし込んで行動指針などを考えました。

「世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく」

楽しいというのは自分が楽しいことが大好きなので、世の中にもそうゆうサービスを提供する、そしてそれを作る自分たちも楽しんで仕事をしようじゃないか、という思いが込められています。

自分自身、楽しいと思えないと仕事ができないタイプです。楽しくないことはナチュラルにやる気がなくなり、止めてしまいます。弊社が主戦場としているWEBの世界は無限に可能性があり、日々新しい技術が生まれます。飽きが無く、わくわくするような新しい技術が生まれる世界で仕事をやれる幸せ、これを噛みしめながら邁進していこうと思います。

 

まだまだできることはありますが、今年1年で会社のベースがある程度仕上がったと思います。戦える組織になったと思います。

この先何十年と会社を運営していくには、まだまだ売上など到底満足できるものではないため、来年は今年の2倍速で動いていきます。売上低迷している事業の早期立て直し、ポケパラ関東の売上4,000万円目標、ポケパラ東海の売上3,000万円目標、ポケパラ関西の売上1,230万円目標(これは見直し入るかも)、名古屋本社での新規事業開発、これらすべてを達成するための人財採用・配置。

スピーディーに、丁寧に、謙虚に。

2019年も全員の力を合わせて頑張りましょう―!!

 

良いお年をお迎えください。