周囲への良い影響

行動指針にもある「周囲への良い影響」について、今一度みんなに同じレベルの認識を持ってもらいたいです。

 

今回改めてこの内容のブログを書こうと思ったのは、自分自身もこの考えに至ったルーツを回想したからです。

基本的には社員同士がお互いの頑張りで刺激し合い、高め合う環境がベストです。すべての社員がそうであれば、会社はよりスピーディーにレベルアップし、よいサービスを安定して供給できる強固な組織になります。

弊社のグループ会社のトップ(ここでは会長と呼ばせてもらいます)と普段からミーティングをさまざまな場面で重ねています。何十年も会社を経営してきた方なので、パワフルで緻密で、特に営業部の現場のオペレーションも最前線で行います。

その会長から日々「自分の発言に気を付けなさい」と言われています。笑ジャパンの代表として1つ1つの発言が社員にとても影響します。当たり前のことですが、1つ1つの発言から自然とその会社の見えない部分の方針・文化というものが形成されますし、社員のモチベーションにもとても影響してきます。

私自身の”周囲への良い影響”は、この発言する内容や熱量、仕事に対する姿勢で会社全体の能力を上げることです。そしてその成果として売上を上げること。売上を上げることで社員の給料も上げられ、みんなハッピーになれます。

このブログの存在意義もそこにあります。普段から会議の場や、飲み会の場などで自分の考え方を熱く語りますが、やはり伝え方やタイミング、聞く側の状態によって認識がずれる場合があります。このブログで文章として残し、おのおのがしっかり読んでくれれば全員の理解が深まると思います。

 

最初に書いた”周囲への良い影響”のルーツですが、日々会長の振る舞い、背中を見て勉強している部分は大きいですが、自分の根底にあるルーツは父親です。

日本の古き良き言葉で”背中を見て学ぶ”ということがあります。上長・先輩レベルの社員に対して伝える目線で言い換えると、後輩が背中を見て学べるように振る舞え。と言えます。これはイコール後輩・部下への良い影響になります。

なぜ自分のルーツは父親にあるか説明します。父親は土木会社で設計から現場の作業まで行っています。私の小さいころからずっと同じ会社に勤め、とても仕事熱心な人です。

今でも脳裏に焼き付いているのは、休みの日でもデスクに向かって設計図をずっと描いていることです。今日も休みなのに仕事してるんだなと、その頃は特に何も感じること無く、ただ仕事ばかりしてる父親と思っていました。

その父親の姿勢は、私が社会人になってから自然と自分のルーツとなっていきました。一生懸命なにかに取り組む姿、その背中は、周りにこんなに良い影響を与えるんだなと。もし父親が休みの日は飲んだくれて寝てばっかりの人なら、今の自分は無いと思います。人に与える影響というのはとても大きいんだなと感じさせられます。子どもであれば幼いころに親の背中を見て学ぶ。社会人であれば先輩の背中を見て学ぶ。大人になればなるほど頭が固くなってくるので、20代の内に良い先輩の元で仕事ができることが、その人の人生を大きく変えるでしょう。

 

このルーツがあるからこそ”周囲への良い影響”についてはとても厳しくなります。この指針の逆で周囲に悪い影響を与える社員には容赦なく評価を下げます。

全員が成長できる。全員が仕事が楽しく、楽しい人生を送れるため、高め合える職場にしていきたいです。

アンバサダー・マーケティング

みなさま、アンバサダーという言葉をご存知でしょうか?

CMなどで「ネスカフェ・アンバサダー」という言葉は聞いたことがあると思いますが、大半の人はアンバサダーが何を意味しているのか知らないと思います。

そんな私も弊社が所属するグループ企業のトップ(ここでは会長と呼ばせてもらいます)から言われるまで、きちんと理解はしていませんでした。とても反省です。

この著書自体は2013年に上梓されているため、そんなに新しい言葉ではありません。ネスカフェアンバサダーも数年も前からあるものですので、自分の勉強不足に猛省すべきと感じています。精進します。

 

アンバサダー=大使 と和訳できますが、このマーケティングの世界でのアンバサダーとは、簡単に言うと、ある企業・サービスの熱烈なファンのことです。

この著書ではアンバサダー・マーケティングに関して基礎から実際の応用編まで書かれており、大変勉強になりました。アンバサダーを知らない方は、この著書をじっくり読めば理解することはできるでしょう。

アンバサダー自体は上でも言った通り、企業・サービスの熱烈なファンのことです。ファンというのは今も昔も存在しますし、なにか特別すごいことなのかと言われるとそうではありませんが、そのアンバサダーをマーケティングに応用して売上を上げようというものが「アンバサダー・マーケティング」です。

 

インフルエンサーと混同してしまう人も多いかと思いますが、インフルエンサーとは全く別のものです。

インフルエンサーとはインスタとかYoutubeでフォロワーを多く持つ人で、そこでの配信が世に与える影響力の強い人の事です。企業はこのインフルエンサーに自社のサービスの宣伝をお願いし、インスタやYoutubeで配信してもらうことでサービスを認知してもらうことができます。Youtuberはこの企業との契約で大金を稼いでいる人が多いですね。

 

それに対してアンバサダーは、企業・サービスの熱烈なファンであって、企業とファンの間に金品授与の関係はありません。逆にあってはならないものとして定義されます。

アンバサダーは熱烈なファンであるため、その好きな企業やサービスについて自発的にSNSに投稿したり、アナログな世界で噂話をして広めます。企業はこのアンバサダーを増やすことで、自然と良い口コミが拡散されることを望めます。

このアンバサダーを増やし、口コミをより拡散する仕組みを作ることを「アンバサダー・マーケティング」と言います。

そして、上で言った通り、なぜ企業とファンの間に金品授与の関係があってはならないかというと、それがあってしまうと口コミの信憑性がなくなるからです。熱烈なファンが自然と「このサービス良いよ~」と口コミをするととても信憑性がありますが、金品授与の関係が疑われる人が同じ行為をしても、”どうせ契約して言わされているだけでしょ”とまったく信憑性がなくなってしまいます。

芸能人でインスタに投稿してもらったり、Youtuberに拡散してもらうことはお金を払えばすぐにできますが、アンバサダーを増やすことはそんな簡単にできることではありません。本当に良いサービスを開発し、ユーザーに真摯に向き合って良いサービスを提供し続けることでアンバサダーは誕生します。

 

この書籍の中盤くらいにこのような表現がありました。

「ユーザーが周りにオススメしにくいサービスは、そもそもアンバサダー・マーケティングにむいていない」 例えば、風俗店に関する事や、内緒で掛かっている病院など、周りに言いにくいことは向いていないということです。インスタで「今日、名古屋の風俗に行ってきた。サイコーだったぜー」なんて友達や仕事仲間が見ているインスタで投稿しませんよね?w このように周りに言いにくいことは、そもそもアンバサダー・マーケティングは諦めてもいいかもしれません。

この一幕が出てきたときに、弊社のキャバクラサイト「ポケパラ」はどうなんだ・・・と考えました。上の風俗に行ってきましたと同じことが言えるんじゃないかと・・・。でもよくよく考えると、風俗もキャバクラもわざわざSNSで行ってきました感想をUPしませんが、職場や友人と男同士の会話の中では「あのお店よかったよ」とかありますよね。そこに着目すれば「ポケパラ」でもアンバサダー・マーケティングは適用できます。

また、「ポケパラ」は働く女の子に着目すれば、インスタなどで日々のことをUPしているキャバ嬢は多いので、そこにフォーカスすることはできます。ポケパラはポケパラバイトという求人サイトもあるので、女の子にアンバサダーになってもらってポケパラについて発信してもらえれば、十分プロモーションになります。

もちろんポケパラ・アンバサダーになってもらうには、ポケパラが良いサービスを提供し続けなければいけません。良いサイトであり良いサービスを開発・提供し続ける必要があります。

弊社の経営理念の「世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく」でもあるように、ユーザーに毎日”楽しい”を提供し続けないといけません。”楽しい”と感じてもらえれば、自然とインスタで#ポケパラとタグをつけて配信してもらえますし、「今日はポケパラさんで撮影しました。とっても楽しい雰囲気でした♪」などと投稿してもらえます。

 

今後はポケパラ・アンバサダーになってもらえる人を増やし、斜陽産業と言われているこの業界を逆に盛り上げていかないといけません。それが「ポケパラ」の使命でもあり、弊社の使命でもあります。

良いサービスを開発するには良いアイディアが必要です。日々みんなで考え、世の中に楽しいを届ける仕事を継続していきます。

 

世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく

アイディアは世界を変える

笑ジャパン

 

 

 

 

 

オフィスのゴミを拾わないといけない理由をあなたは部下にちゃんと説明できますか?

今回は中川に代わってシステム部の松崎の書評をお届けします。

彼は向上心が高く、私にどんな本を読んだらいいのか、いま自分はなにを勉強すべきか など積極的に意見を求めに来て、とてもモチベーションの高い社員の一人と言えます。

それでは彼の書評をご覧ください。

ーー

 

はじめまして入社一年目の松崎です。

半年ほど前に中川社長に勉強になるから本を読んでみたらとアドバイスを頂きました。
今までは漫画しか読んだことがなく
絵のない本を、最後まで読めるか不安でしたがタイトルを見てこの本なら読めそうだと思い手に取りました。

オフィスのゴミを拾わないといけない理由をあなたは部下にちゃんと説明できますか?

この本を読み始める前、
タイトルについて自分なりに少し理由を考えました。

ゴミがほったらかしだと
社内がだらしなく見え
仕事もだらしないんだろうなと周りに認識されるからだろう
と考えました。

いざ本を開いて見ると
いきなり答えが書いてありました。

ゴミを拾うのは生産性を高める為である。
人は物を探す事に多くの時間を消費しています。
すぐにゴミを捨てないとゴミが増えていき
さらに物を探すのに時間がかかり
生産性を失ってしまうからである。

なるほど!
と少し自分の過去を振り返ると
この経験をしていました。

自分は今の会社に入る前、
とある飲食店の店長をしていました。
そこの店舗は毎月50万の赤字でした。
前店長から引き継がれ半年ほど
自分なりに考え
試行錯誤を重ねたのですが赤字は減りませんでした。
何をすれば良いのか分からず、
日々過ごしていましたが
ちょうど年末年始に入る前でした。
不要な物が多く
食材の配置もバラバラだった為、
1日大掃除と配置換えを行いました。

するとどうなったでしょう、

在庫の数が明白になり
ムラのある仕入れが無くなり
物も規定の場所に置かれているので
探す手間が減り、
効率よく調理ができるようになった為、人件費の無駄も無くなりました。

黒字まではギリギリ届きませんでしたが
大幅な赤字の改善を行うことが出来ました。

同じ経験をしていた為
オフィスも同じことが言えるのか!
と共感したことでスゥーと本が頭に入って行きました。
本を読み進めると
経営理念について事細かく書いてありました。
経営理念とは会社の基盤であり、精神であると書かれていました。

自分が株式会社 笑ジャパンに入社した時は
経営理念も無く会社の目標なども聞かされておらず
何もわからない状況で仕事をしていました。

中川社長が就任したのが半年ほど前になります。
会社の体制を変えて
経営理念を作り、今後の目標も
全社員へに共有を行いました。

各々が別方向に力を入れていたものを
経営理念、目標を決める事で
目的地が明確になり、
全社員が同じ方向へと進むことが出来ます。

自分自身まだ一人前とは言えず
スタート地点にも立てていない状況ですが
目的地があることにより
自分のすべき事や進むべき道を示してくれました。

この本を読み経営理念の大切さや
仕事に大きいも小さいもなく
同じ気持ちで仕事をするという事を学び
また一つ成長への武器を手に入れたのではないかと感じております。

難しい本はまだ手をつけられないのですが
これからも色々な本が読めるよう
自分の興味のある本から少しづつ読んでいけたらなと思います。

もう、転職はさせない! 一生働きたい職場のつくり方

名古屋駅の三省堂で5冊購入した中の1冊です。

タイトルがダイレクトすぎて即買いしました。

働き方改革が世間で騒がれている中、中小企業への影響は大のようです。ただ、もともとブラックな運営がひどい企業への影響が大なだけで、笑ジャパンにはそんなに影響はなさそうです(*´Д`)

 

この書籍の中のいくつかをピックアップ。

「協働意識」会社はみんなで支え合い、より善い目的に向けて共に働く場

弊社でも普段からチームワークチームワークと伝え行動指針にも入れ、今はごく自然にみんなが行えていますが、会社としてより良いプロダクトを作り利益を出していくにはチームワークは絶対に必要になります。お互いの弱みを補い合い、それがうまく噛み合ったとき、チームとしての機能は最大限に高まります。

そんなチームワークに関して笑ジャパンで最近あったこと。

そう!経営理念のポスターが完成しました!やった!

デザインコンペで今泉さんの作品が採用され、ポスターとして社内に掲示されています。

「世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく」というのが経営理念で、おにぎりとその周りのキャッチコピーは今泉さん作です(*´Д`)ステキ

この作品自体はサイコーに素敵なのですが、この1枚の作品ができる過程がとっても素敵なんです。笑ジャパンでは東京名古屋大阪のそれぞれの制作部のみんなと月1回のデザイン品評会(中川会と名付けられた)を行っています。昨日の東京の中川会(自分で言うのは恥ずかしい)で今泉さんより、この作品が完成した経緯を教えてもらいました。

 

コンペの時点では、コンペルールで制作時間1時間だったため、適当なおぎにりサンプルをネットで拾って作ったらしいです。採用されてからコンビニでおにぎりを買い、カメラマンの佐藤くんに撮影を頼んだらしいです。佐藤君もおにぎりを撮影するのは初めてで、中々苦戦したそうですw 海苔の笑という字は、今泉さんが家で夜な夜な切って作成したそうです。スゴッ

そして後ろにある影、こちらも今泉さんが紙を切ってこの影の形になるように作成し、佐藤君に撮影をお願いしてます。その2つの写真を組み合わせ自然な形になるように、今泉さんは自ら試行錯誤しました。しかし、今泉さんは画像制作チームでレタッチャーではないため、中々うまくいかなかったみたい。レタッチャーの大久保さんにアドバイスをもらいながら、色々工夫し、一旦完成した物を再度大久保さんへ見せた。がしかし、プロの大久保さんの目は厳しく、ほとんど作り直しされたそうw

そんなこんなで完成したこのすばらしい作品、笑ジャパンの今の状況やこれから成長していくイメージが表れています。さすがデザイナーですね!!尊敬!

 

これは最近起きた1例ですが、笑ジャパンでは普段の業務のさまざまな場面でチームワークが発揮されています。その積み重ねで信頼関係も構築され円滑に業務が回ります。

 

あとこの書籍で素敵なフレーズを1つ紹介

それぞれの強みで他の社員の弱みを補うようにパズルのピースを配置していくのです。

上のチームワークでそれぞれの弱みを補うと同じことですが、ちょっと素敵なフレーズだったので紹介。

 

以上

 

 

 

 

 

ポケパラの歴史その5

今回は「ポケ割」のおはなし。

その名の通り割引ですね。

ポケパラ自体には今も昔もクーポンはどのお店にもありますし、それ以外にどんな割引なの?と、お思いでしょう。

覚えている方もいると思いますが、4,5年前にグルーポンやポンパレが流行りましたよね?割引率が非常に高いクーポンを枚数限定期間限定で販売するものです。

ポケパラもそれをまねして「ポケ割」を作りました。グルーポンやポンパレはクレジットカード決済でしたが、ポケ割ではまずクーポンを集めたサイトを作り、それで軌道に乗ればグルーポンみたいにクレジットカードで超オトクなクーポンを買える仕組みを作ろうとなりました。

確かhttp://www.pokewari.jp/というドメインでスタートしましたが・・・。

結果からいうとまったくうまくいきませんでした。クレジットカード決済での仕組みを作ることなく、あっけなく閉鎖しました。

 

これをやってわかったこと。(当時の状況もありますが)いきなりクーポンから探す需要はない ということでした。

女の子情報やお店の情報もろもろを見た上で、クーポンを見てお店に行く ということでした。

前回のブログでも言いましたが、当時はとりあえずやってみよう感がとても強かったです。それ自体は悪くないと思いますが、やる前にマーケティングの視点で分析することは必須です。

弊社では従来までシステム部がマーケティングも担っていましたが、今月11月よりマーケティング部を設置しました。2名のスタッフと私ともう1名が相談役として運用します。今後、弊社のサービスすべてにおいて、マーケティングで議論を重ねたうえで実施することを決めます。