稲盛和夫の実践アメーバ経営 全社員が自ら採算をつくる

ある方から稲森和夫さんのことを教えていただき、経営の勉強をしようと購入しました。

笑ジャパンの代表となってようやく2年目、まだまだ知らないことが多いですね。日々勉強です。

 

稲森和夫さんは京セラ・KDDIの創業者であり、78歳で無報酬で倒産した日本航空の会長に就任し、翌期には黒字化し3年足らずで再上場までさせた方です。

 

タイトルにもあるアメーバ経営とは、組織をアメーバという小集団に分け、それぞれ採算を意識させるなど、アメーバの目標を達成するために一人一人が意識を高め、自主的に経営に参加する「全員参加経営」を実現するものです。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/management/amoeba/

 

これまで私は組織つくりの書籍をいくつか読んできました。

最近もてはやされているのが「ティール組織」ですが、いま思えばその前身はアメーバ経営な気がします。

組織を小さく分け、それぞれのチームが決済権を与え独自に考え業務を遂行していく、ベースは同じだと思います。

 

多くの人の抱く組織のイメージは、社長がいて、部長がいて、課長がいて、班のリーダーがいて、社員がいる。

指示は社長から段々下に降りてきて、班のリーダー、社員のレベルは上からの指示に従って仕事をする。

このように思っているんじゃないでしょうか?

現実に、多くの会社がこのような流れで回っていると思います。

それを覆えるために、アメーバ経営、ティール組織など、さまざまな概念が提唱されています。

 

笑ジャパンはどうでしょうか。基本的には業務の種類によって部署分けされています。システム部、制作部(画像制作、WEBデザイン、レタッチ、取材)、営業部です。

アメーバ経営や、ティール組織のようなチームがより独立した運営をできることを目指していますが、まだ新体制になって2年目、欲張らず少しずつ前進させています。

チームごとで行う決定には、チーム内で徹底的に考え、比較的自由に実践しています。

考えて考えて考えて、とりあえずやってみる。やってみてだめならすぐに修正。

 

私は以前のブログから何度か言ってますが、『考える』ということを非常に大事にしています。逆に言うと考えない人は嫌いです。

チーム内の話でもそうですが、私に対して相談しに来るときも、考えずに来る人は突っぱねます。必死に考えて、自分なりに結論を出して、その結論に対して意見・決裁を求めてくる人はいいですが、考えもせずにいきなり”なにかいい案ありませんかね”みたいに来る人は対応しません。

ちょっと厳しいようですが、考えることができない人は、考える鍛錬をさせないといけません。

 

これは私のベースにある考えですが、チーム単位でもチームリーダーが実践してくれています。フィロソフィーの伝達です。

さらに笑ジャパンの行動指針にある”チームベンチャー”として、以下のようにチームのあるべき指針を提示しています。

1. チームの生産性を上げるために努力をする。そのためにフォローしあい、積極的にコミュニケーションをとる。

2. チームの目標のために、自らができる最大限の成果を出せるように行動する。

3. トップ・上司からの指示を待つのではなく、チームで意思決定を行い進めていく。ただし、チーム外に助言を求めることは積極的に行う。

4. チームで時間・金銭面でのコスト意識を常に持ち共有し、改善を繰り返す。

http://www.syoh.co.jp/vision.aspx

 

 

稲森和夫さんの経営学にもフィロソフィーの共有については、経営において非常に重要だと書かれています。

業務の指示には口出しはしませんが、経営者のフィロソフィーを共有してチーム運営をしていきます。特に大企業では経営幹部、部長などの重要ポジションにいる人は、経営者と同じフィロソフィーをもち、会社全体への浸透を進めます。

全社員が同じフィロソフィーを持てば、業務は違えども同じ考え、方向性をもって、経営課題・目標に向かって日々楽しく仕事をすることができると考えています。

 

笑ジャパンの第一のフィロソフィーは『楽しい』です。

もちろん業務で辛いことも厳しいこともありますが、最終的にはそれが誰かに『楽しい』を感じてもらうことができるか、自身・チームみんなが楽しい!と思えるのかを考えましょう。

 

話は戻って、この本にはアメーバ経営について細かい手法は書かれていますが、その紹介は割愛します。

とても良い本でした。良い本でしたと言うこと自体がおこがましいですが、とても勉強になりました。

ブログの力

NewsPicksの記事で、人気ブランド「グロッシアー」の記事がありました。

化粧品ブランドかな?初耳だが、有名らしい。

 

その創業者のビジネスのスタートがブログだったそうです。

「ヴォーグ」のアシスタントをしながら「Into The Gloss」というブログをスタートしたそう。

美容をテーマとし、有名セレブに美容法について率直なインタビューをしていました。

スタートした目的までは記事に書いてなかったが、自身が好きな美容のブログを趣味で書きたかったのか、そもそもビジネスとして立ち上げるためのブログだったのかはわからない。

セレブへのインタビューなど、ユーザーが見たい、得たい情報をベースにブログを書いていったことが成功につながったそう。

 

ブログっていろんな可能性がありますよね。

SNSが台頭している現代ですが、ブログの存在感はまだまだ大きいです。

芸能人のブログ、著名人のブログ、企業のブログ、アフィリエイトブログ、個人の趣味ブログなど、いろんなブログがあります。

あ、ポケパラブログもありましたね!!

 

SNSと違ってブログの良いところは、特に芸能人や著名人のブログになりますが、その人のアイデンティティ・哲学を知ることができることです。

Twitterでもそれなりにアイデンティティを知ることはできますが、やはり140文字内では限界があります。ブログや著書で詳しい人格を知ることができ、感銘を受けることもあります。

 

つまりブログは人物や集団のアイデンティティを伝える道具かなと思います。

自らのアイデンティティを元にブログを書いていれば、それに魅力を感じる人がユーザーとしてついて、ビジネスに発展することが多々あります。

 

この笑ジャパンのブログは、笑ジャパンのアイデンティティのベースである私の考えを発信し、それに共感してくれた人に仲間に加わってほしいからです。

二次面接では、「ブログを読みました」とよく言われるようになりました。

まだまだ、東京営業所の営業社員を募集しています!

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70

少し前に書いた「ビジネスモデル2.0」と同時に買った本です。

「ビジネスモデル2.0」は世間のさまざまなリアルなビジネスモデルの紹介ですが、この本はビジネスモデルの基本手法の参考書のようなものでした。

 

ほんとうに参考書のようにいろんな手法が紹介されていますが、ただ読んだだけではまったく身になりません。

一度さらっと一通り読んだうえで、業務のさまざまな場面でこの本を参照し、問題解決の手法として使ってみるのが良いと思います。

 

特にマーケティング部には、今後身に着けていくべき知識は多くあると思います。

本などで学んだことをそのまま使うだけじゃ、そもそも身にならないしうまくいきません。笑ジャパンにあうようにカスタマイズをして検証を繰り返さないといけません。

 

この本を読むなら、グロービスの動画教材を観たほうが圧倒的に良いですね。

今週のカンブリア宮殿「銚子丸」

毎週楽しみにしているカンブリア宮殿。

テレビ番組の中で一番好きで、見逃した場合でもビジネスオンデマンドで必ず週末に見ます。

 

今週は「銚子丸」という首都圏で回転ずしチェーンを展開している会社です。

初めて聞いたお店ですが、関東では人気なんでしょうね。

新鮮な魚を銚子港から直送し、お店のお客の前でさばいて提供する。

お客様に楽しんでもらうことを理念にやっているそうです。

各お店に座長というポジションが存在し、お客様は観客として楽しませることを重要にしている。

ネタは新鮮で安くておいしい、お店は活気があって楽しい。すごく行ってみたい。

回転ずし業界は右肩上がりで、さまざまなチェーンがあります。僕の地元の伊勢のスシローも休日は毎日待ち行列ができるほど人気で、家族でボックス席で食べるお寿司は楽しい食事会になる。

銚子丸はただの回転ずしじゃなく、毎回楽しいことが待っているお店で、子供からお年寄りまで楽しい思い出がたくさんできて、そうゆうとっころが差別化につながっている。

創業者の言葉がそのすべてを語っている。

「寿司を売るな、理念を売れ」

 

 

ただこの銚子丸という会社、仕組みがすごい。

教育の仕組みや、店舗の体制の作り方など、緻密に作られていて機能している。

先週の華味鳥でもあったが、女将制度を採用し、各店舗に女将をおいている。

 

 

会社の仕組みや体制に正解はないが、その会社の正解を見つけるのが経営者の仕事。その正解を見つけ、磨き上げ、現場で機能するようにしなければいけない。

 

笑ジャパンも私が代表になり1年が経ちました。体制や仕組みもさまざま変えてきた。その変化に現場がしっかり対応し、順調に回っているといえる。

その影響か、特に東京ではポケパラで掲載依頼が後を絶たず、うれしい悲鳴を上げている。

ただ、忙しすぎて余裕がない状態では多くの弊害が現れる。余裕がない状態だと”仕事を楽しく”という理念を意識する時間もなくなってしいまう。

 

笑ジャパンの急務であり、変革しなければいけないのが人財獲得の仕組みです。

東京営業所の営業部に、いま後3名の営業社員がいれば、もっと順調に業務が回っていると思う。人員不足で現場の混乱は会社の責任、私の責任です。

今はなんとか耐えてほしい。その中で新しい人財を獲得して育て、よい流れに持っていきます。

 

銚子丸の会長が言っていた、「誠実が第一」という言葉。

私もまったくの同感で、二次面接では、その誠実さと笑ジャパンの理念にあう人かどうかを見ています。

まだまだリクナビ、indeedで東京営業所の営業社員、営業サポート社員を募集しています。

あと3倍のシェアを5年で獲得する予定の東京営業所に、新たに加わってくれる優秀な方の応募を心よりお待ちしています。

サイゼリアの客離れが止まらないらしい

NewsPickからの情報です。

 

格安イタリアンのファミリーレストランのサイゼリアの既存店が、15ヶ月連続で前年割れしているそうです。

 

店舗運営コンサルタントの見解では、「全席禁煙を進めた結果、『ちょい飲み』客が離れた」とありました。

 

飲食店の禁煙化については、吉と出る場合も凶と出る場合もありますね。

もともとサイゼリアでちょい飲みしたことがなかったので、そうゆうイメージはなかったですが、お小遣い制のサラリーマンの見方だったんですかね。

サイゼリアのデキャンタワインは量の割にとても安く、ドリアとかピザもコスパは最高。

 

ただ、全席禁煙にして方針転換をするなら、次の戦略も立てておかないと単純に客離れになりかねない。もちろん戦略はあったんでしょうが、結果的に減益。

串カツ田中も同じく全席禁煙にして、愛煙家の人は離れたが、それ以上にファミリー層が増えて売り上げは上がっています。

串カツ田中は全席禁煙にした上で、出店エリアも住宅街を増やし、きっちりファミリー層を獲得しています。

 

個人的にはたばこは嫌いなので、全席禁煙はとてもウェルカムです〇

 

時代の流れに合わせたすばやい戦略転換は、特に飲食店には求められますね。

禁煙ブーム、健康食ブーム、さらに食材の高騰など、悩みはつきませんね。

飲食店オーナーの気持ちになって、5分ほどちょっと考えてみました。

カンブリア宮殿の威力

今日もNewsPicksでいろいろ記事を読みましたが、あまりネタにできそうなおもしろい記事はありませんでした。

 

今日は、以前から毎週見ているテレビ東京のカンブリア宮殿について書きたいと思います。

この番組を見だして約1年くらいになります。それ以前は番組の存在は知っていましたが、たまに見るくらいでした。

なぜ毎週見るようになったか。見ごたえのある番組というのはもちろんですが、具体的にはパワーを与えてくれる番組だからです。

 

この番組はある企業を特集し、その企業の社長にフォーカスします。その企業の社長がどんな人でどんな仕事をしていてどんな会社になっているか。

これに出てくる社長さんはみんなパワフルです。信念を持ち毎日パワフルに仕事をしています。

 

先週の華味鳥の会長さんはほんとうにパワフルでした。華味鳥というブランド鶏の事業で成功しています。

自身のある華味鳥という商品を軸に、店舗展開や加工品の販売、鶏の糞までも事業にしていました。

やはりどこの企業の成功している社長さんは、信頼する部下に仕事をどんどん任せています。この華味鳥の会長さんも失敗を恐れず挑戦しろと言い続け、現場現場で優秀な社員が成功を収めています。

華味鳥のお店はいくつかありますが、本社勤務になれるのは現場を経験した者に限定しているようです。本社勤務になると本社がえらいなどという勘違いが起こる恐れがあるため、必ず現場主義で一度現場を経験させるそうです。

店舗の1つ1つの女将さんを設け、責任をもって店舗経営をさせるそうです。チェーン展開をしていますが、1つ1つの店舗に女将さんという個性を設けさせ、チェーンでありながらも個性のある店舗になっているようです。

 

パワフルでありながらも、緻密なマネジメント力がありますね。

見ているだけで熱くなります。熱くなって涙が流れてくることもあります。

お酒を飲みながらこの番組を見ることが本当に気持ちが良いです。

メルカリ、郵便局に無料の梱包スペース設置

タイトルの通り、メルカリが「つつメルすぽっと」という名称でサービスを開始するそうです。

 

メルカリは、みなさんご存知の通り個人買いで簡単にモノを売買できるサービスです。

僕もまぁまぁ使ってます。家にあるもうほぼ着ない衣服を何着か売りました。

コート、ジャケット、靴などを売りましたが、梱包の仕方がわからなかったのでネットで調べ、100均で必要なものを集め梱包しました。

 

現在のメルカリですごいと思ってるのは、売る側買う側のそれぞれが個人情報を非公開でやりとりできることです。

相手の住所を把握しなくても配送ができます。

アプリからバーコードを発行し、コンビニで見せるだけで完了です。ほんと手軽です。

 

メルカリはいかに売る側がスムーズに準備できるか、プラットフォームを整えようとしていますね。

コンビニでの簡単配送はとても便利ですが、梱包の仕方がわからない人は苦労するでしょう。さまざまなものが売れますが、形もさまざまなため、よい梱包方法がなにか悩みます。

そんな悩みを解決するためのプラットフォームを今回追加するんですね。

 

郵便局は大小ありますが、都会にあるものは結構広いため、メルカリ梱包スペースは大変便利になるでしょう。

とりあえず売るものをもっていけば、梱包してそのまま窓口で配送までできる。めっさ便利です。

CtoCの売り買いサービスはいくつか競合がありますが、メルカリのプラットフォームが秀逸だと思います。

ユーザーがいかに簡単に利用できるかが競争のカギになると思います。

 

これはWEBサイトでも同じことが言えます。

ポケパラはキャバクラ業界のプラットフォームになりつつありますが、プラットフォームというからには圧倒的にならないといけません。

シェアを90%以上にし、当たり前にポケパラを使用するまでの存在にしないといけません。

キャバクラに遊びに行く人も当たり前に「ポケパラ」、バイトを探す人も圧倒的に「ポケパラバイト」。そうならないといけません。というか、なります。遅くても5年以内には。

 

そのためには何をしなければいけないか。

まずはWEBサイトを圧倒的に使いやすく、わかりやすいものにしないといけません。そのうえで「楽しい」サービスを作り続ける。

デザイン、システムともにユーザーに寄り添ったプロダクトを作り続ける。

WEBサイトのデザインは、かわいい、かっこいい、ではなく、いかにユーザーが使いやすくデザインするかが大事です。そのうえで、かわいい、かっこいいなどを付け加えます。

 

プラットフォームになるために、ポケパラにあと何が必要か。

なんでしょうね。答えは何通りもあると思いますが、やはり絶対的に必要なのは『信頼』ですね。

ポケパラだったら楽しめるお店を見つけられる、ポケパラバイトだったら楽しくバイトできるお店を見つけられる。ポケパラだったら毎日楽しめるコンテンツがある。ポケパラバイトだったらナイトワークの疑問を解決できる。ポケパラがあれば出張先で楽しい夜を過ごせる。ポケパラがあれば人生が楽しくなる。

そんな『信頼』されるサイトにならないといけません。

一部の人だけが楽しいではだめです。利用する全員が楽しめるサイトでないと。

この業界のプラットフォームとして、この業界を支え・盛り上げていかないといけません。

 

そんなプラットフォームになる。と一言で言っても、その裏にはさまざまな要素があります。

良いサービスを、良いプロダクトを作るには、良い人が必要です。

楽しいサービスを作るには、楽しい仲間が必要です。

要するに人です。人財です。

すべては人次第です。

 

名古屋本社の開発部隊としては、ひとまず十分な人財が揃っていますが、東京営業所の営業職、営業サポート職はまだまだ不足している状態です。

東京営業所は、10年の歳月、下積み時代を経て、今がもっとも伸びている状態です。

知名度が日々向上し、集客・求人共に効果が出て、そのおかげで紹介での新規掲載が毎月多数いただけています。

そのため、新しい仲間を急募しています。リクナビで先週から応募を開始しましたが、何名かの人と面接をさせていただき、新たな仲間が加わることを楽しみにしています。

 

この東京営業所の人材確保が、いまの笑ジャパンの最重要ミッションとなっています。5年で月商1億円を目標としている東京営業所で、新たなメンバーの参加でこれが加速します。

営業経験ある方であれば、ポケパラのイロハを覚えていただければ、どんどん担当店舗を持っていただきインセンティブも獲得することもできるでしょう。

営業未経験の方でも、ルート営業として先輩社員のお店を引き継ぎ、着々と成長することはできます。

新たな人生を歩む先に、笑ジャパンを是非選んでいただきたいと思います。

 

”楽しい”仲間と共に、”楽しい”仕事をやりましょう☆

IT部門とマーケティング部門

NewsPicksの記事でヤッホーブルーイングの社内に関するものがありました。

ヤッホーブルーイングと言えば、国内クラフトビールの第一人者?で、よなよなエールなど、おいしいビールを作ってくれています。

その社内にはIT部門とマーケティング部門があり、そこの連携が重要ということが書かれていました。

 

IT部門はシステムというテクノロジーを武器とする。マーケティング部門はユーザー心理などを分析していかに商品売れるかを考える。

このように、特にIT部門に関してはテクノロジーテクノロジーと技術よりの考えになりがちですが、IT部門も市場のことを理解し、マーケティング部門と連携して技術力で課題解決をしないといけません。

この記事でも言われていましたが、テクノロジーというのは基本的には一種の武器であり、手段にすぎません。社内のどの部門もそうですが、ユーザーに求められるモノを作る、という同じ目標の基に動いています。

 

笑ジャパンの昔の自分もそうでしたが、IT技術者は打ち合わせしていても物事の発想が技術レベルになってしまいます。技術的にこうだから、ああだから、という発言が出がちです。

基本的にWEBサイトのサービスであれば、技術で実現できないものはほとんどないため、技術ベースでできるできないという発想はすべきではありません。

IT部門は、自社サービスをサポートする武器として考えるべきです。

マーケティング部門が先頭を切って行う事業を、技術力でサポートして何倍も効力を発揮させないといけません。

 

これらの話に関して良い本を3年ほど前に購入し、誰かに貸したまま行方不明です…

誰の著書だったかも忘れてしまった。

鳥貴族が赤字転落

NewsPicksで見た情報ですが、

鳥貴族が通期業績予想を下方修正し、3億円の赤字に転落したそうです。

鳥貴族は280円均一をウリに拡大をし続けた飲食チェーンですが、2017年に298円均一に値上げをしてから人気が下がっていったようです。

 

弊社グループのオーナーとの会議で、オーナーからもたまたまこの話題が出ました。

当時は280円均一という業態でうまく行っていたが、マネをする飲食店が増え、値上げと共に競合にお客を奪われたと。

たしかに、〇〇〇円均一というお店は増えましたね。街中に行けば色んなタイプの均一店があります。

この格安の均一店を維持するには、独自の供給網というのが必要になると思います。企業努力で独自に安く仕入れる方法がないと利益の確保ができません。

鳥貴族は企業努力は続けたものの、限界と判断し値上げに踏み切ったのでしょうあ。

2017年の値上げに踏み切る前の業績が9億円の黒字、翌年が6億円の黒字。値上げを発表してから3億ダウンしてますね。

今回の下げ幅としては9憶ダウンということになります。

 

材料費や人件費の兼ね合いで値上げをしたわけですが、それが利益9億円のダウンに転じてしまうとは、完全に経営判断ミスですね。

 

ポケパラも主要エリアは5万円の基本掲載価格になりますが、今後値上げをする予定はありません。もし値上げをするとしても、市場を分析して判断をしないと同じ轍を踏むことになりかねません。

ホームページリニューアル!!!

笑ジャパンのホームページが本日リニューアルされました!!

 

以前の何倍も素敵なサイトになりました!デザイナー・プログラマーの皆さんありがとう!

 

今回リニューアルに踏み切った理由ですが、

ほぼ100%人財採用のためです。

 

直近1年間で、エン転職、リクナビ、indeedと求人を掲載してきましたが、満足できる結果ではありませんでした。

掲載原稿や写真の見直し、ホームページの微調整などを繰り返しましたが、求人効果に大きな変化はありませんでした。

 

特に東京営業所の営業職・営業サポート職の人材獲得を、5年で約20名目指しているため、会社としての一番の課題となります。

なぜそんなに応募がこないのか・・?(毎回数名の方からは来ます)

 

やはり一番に考えられるのは、扱っている業種だと思います。

キャバクラ・ガールズバーなどのナイト案件を扱うため、やはり一般的には怖いイメージ、運営会社もブラックなイメージがあるのかもしれません。

実際はそんなことはないんです。店舗スタッフの方は、ほとんどが真摯でポケパラにもとても協力的な方です。

運営する笑ジャパンもめちゃめちゃ楽しい会社で、ブラック要素はありません!

 

それをもっともっとホームページを見に来てくれた方に伝えたい!

そんな思いで超急ぎでリニューアルに踏み切りました。

 

WEBデザイナーの杉浦君が主導で作ってくれました。(色々ありましたが)きついスケジュールで素敵に仕上げてくれました。

明日からリクナビの掲載が始まります。リニューアルの効果が発揮されることを祈り、今日は岩盤浴に行って汗を流したいと思います。

 

以上、おつかれさまです。