志高く 孫正義正伝

『社員の才能と情熱を解き放つ』

この本で一番印象に残った孫さんの言葉です。

 

この本には孫さんの高校大学生からの話が綴られており、この本を読めばどれだけ孫さんがすごい人かわかります。12兆円の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を立ち上げる人がどうゆう人生を歩んできたのか、読んでいるだけで心が熱くなります。

孫さんは19歳のときにライフプラン「人生50カ年計画」を立てた。20代で事業を興し、30代で軍資金をためる。40代で数千億円規模の企業にし、ひと勝負をかける。50代で数兆円の企業にし、ビジネスモデルを完成させる。そして60代で後継者に継承する。

いつかのブログにも書いたが、孫さんは20代の時に音声付き電子翻訳機を開発し、それを基に大手企業と契約を結び1億数千万円の資金を手に入れた。

その資金を基にソフトバンクを設立し、コンピューターのソフトを売る会社を作った。当時、これからはコンピューターの時代が来ると確信し、ソフトバンクを作ったそう。会社を宣伝するためにコンピューター雑誌に掲載を求めたが、今後競合になるということで断られ、自らコンピューター雑誌を一気に2誌創刊した。初めは失敗続きだったが、広告・営業戦略で巻き返した。

しかしその後、慢性肝炎を患い、3年半の入退院を繰り返した。割愛しますが、この期間のできごとは壮絶に綴られています。

その後、電話回線選択アダプターを開発し、1年間で40億円強のコミッションが入り、開発費33億円を差し引いて10億円強の儲けとなった。数年間に渡ってコミッションを得て、ソフトバンクは94年7月に店頭市場に株式公開を果たした。

 

1996年にはYahoo! JAPANを設立しインターネット市場へ参入、Yahoo! BBの提供を開始した。しかしその当時はNTTが回線を牛耳っており、NTTの不公平な態度でYahoo! BBの工事がうまく進まないという事態になった。NTTの態度を改めるために総務省に行ったが、総務省もまともに取り合ってくれなかった。それに業を煮やし「100円ライターぐらいもっとるでしょ、それ借りますから」と発言。その発言の意味がわからない総務省職員は「えっ、どうして?」と返答。そんな職員に対して孫社長は「ガソリンかぶるんですよ(中略)。あなたたちがNTTを注意しないと、前に進まない(中略)。もうヤフーBBをやめると記者会見する。その帰りにここ(総務省)に戻ってきて、ガソリンをかぶっていく」と話した。

一歩間違えれば犯罪まがいの行為だが時代も時代、それくらいの本気だということを総務省にわからせた一場面だ。すごい熱量。これでNTTが動き、はれてブロードバンド事業に参入した。

その後、日本テレコム買収、福岡ダイエーホークス買収、ボーダフォン日本法人買収し携帯事業に参入。いま僕が当時のiPhoneが出始めたとき、なぜソフトバンクの独占販売だったか疑問にも思わなかった。これは孫さんがジョブスに交渉に行き、販売権獲得に至ったらしい。すごい行動力と交渉力である。

 

この本には今回紹介した何倍もの出来事が綴られている。志を高く持っている人には是非見てもらいたい。

経営者の方は大抵そうだが、孫さんは特に話し方がうまい。Youtubeでお酒を飲みながら孫さんのプレゼンの動画を見るのが趣味が私ですが、本当に孫さんの話し方には心を打たれる。人の心に訴えかける、人の心を熱くさせる魂のこもった言葉ばかりです。いつか自分もそうなれるように、何度も何度もYoutubeを見て勉強します。

本質を見極める力

さまざまなビジネスシーンや対話の中で「本質」という言葉はよく使われます。

本質とは、『物事の本来の性質や姿。それなしにはその物が存在し得ない性質・要素』コトバンクより引用

本質を見極めるとは『物事を俯瞰的に見て、抽象化して捉える』と私は考えます。

 

ビジネスパーソンは、日々の業務の中でさまざまな問題解決を実施します。

大抵の問題はさまざまな要素が絡み合い、複雑難解です。問題が複雑になればなるほど、考える視点が細かい要素に偏りがちになります。

いくら複雑であっても、それぞれの要素を理解し、俯瞰的に見て全体像をしっかり理解します。また、大抵の問題は具体性を持ちます。具体性を持つということは、各課題に特化した問題であり、そのままストレートに考えて解決策を見つけるのは難しいです。問題を抽象化し、本質をあぶりださないといけません。

例えば、「ポケパラ100万円キャンペーンの第1弾では、参加者は多かったが9割が懸賞目当てのユーザーだった。これをどう解決したらよいだろうか」

ストレートで安易な発想をすると、『懸賞ユーザーを禁止にして、もっと業界の人、一般の人にアプローチすればよい』という意見も出ます。『じゃあそれを実現するためにどうすれば?禁止にしたところで一般は増える?』『キャストマイページとかサイト内で露出を増やしたら良いんじゃないか』などと議論になると思います。

確かに露出を増やせば効果は多少出るかもしれませんが、今の議論では解決策に行きつくまでの思考の手順が安易すぎます。本質をしっかり見極めずに解決策を出しても、成功する確率は上がりません。これは私がポケパラで10年経験してきたことで間違いありません。10年間でたくさん失敗してきました。

では、今回の問題はどのような思考の手順を踏めばよいか。

まず俯瞰して見ます。俯瞰してそれぞれの要素の問題点、そこから生まれた結果をリストアップします。全体像を見ながら1つずつ問題・結果をあぶりだしていきます。一部に固執してはいけません。俯瞰して全体を見通してください。「ページや画像が懸賞ユーザーが参加しやすい傾向にあった?」「業界の女の子に参加してもらうには額が少なかったか?」「一般の人に本当にアプローチできたのか?」「そもそも参加方法はわかりにくくなかったか」

そうして出てきた原因を今後は抽象化して分析していきます。原因をデータにより証明できる場合は、データ分析をしてその原因が正しいものかをはっきりさせてください。

それを用いて、「業界の女の子にはサイトからしっかり認知されていたが、なぜ参加率が低かったか」「一般の人にそれなりにアプローチできていたが、なぜ参加してもらえなかったのか」

”なぜ” ”なぜ” ”なぜ” と追求していきます。

『業界の女の子はインスタで自らのキレイな写真ばかりを上げている。そこにポケパラのキャンペーンの画像は上げにくいのではないか』『一般人はそもそもキャバクラサイトには参加しにくい?どうしたら参加しやすくなるか』

今回の問題・結果の具体的な物から、一般的に考えらえる抽象的なレベルまで落とし込みます。そうすることで本質的な原因を知ることができ、そこを解決することで成功を手にすることができます。

 

この手法は部署関係なく、すべてのビジネスパーソンが持つべき能力です。

まだ実践できていない人がいれば、少しずつ現場で実践してみてください。

SNS vs Google !?

最近はSNSの重要性を説いていますが、色んな所で話を聞いていると、Googleもさまざまな戦略で囲い込みにかかっています。

SNSといえば、インスタグラム、Twitter、TikTokなどがプロモーションやキャンペーン戦略によく使われます。弊社でもポケパラでこれらのSNSを使って、SEO以上に注力していきます。

数年したら今のGoogleの検索需要は半減するだろう!と方々で言っていますが、Googleはそれに対抗しているのか、様々な角度から攻めにかかっています。

 

実際、身の回りの人と話している中で、Googleの現在地MAP検索とマイビジネスの活用の話が出てきました。

Googleは一時期CMで「近くのレストラン」など、GoogleMAPを使った位置検索を訴求していました。また、それと連動したマイビジネスの活用も促進しています。

マイビジネスとは、Googleで検索した時に上部にMAPと共に表示されるお店です。Google上に店舗登録を行い、営業時間などの基本情報を始め、口コミも投稿できます。

私が大阪でお世話になっている接骨院は、マイビジネスに口コミを投稿してくれたら割引をするキャンペーンをしていました。これには驚きました。エキテンなどのポータルサイトで口コミで割引などのキャンペーンは何度も目にしましたが、Googleマイビジネスの口コミのキャンペーンは初めて見ました。

これはポケパラにも脅威です。ポケパラに口コミを投稿せずにGoogleマイビジネスに投稿するようになってしまったら、ポケパラの武器が1つなくなってしまいます。ポケパラに口コミを投稿すればキャストや他の会員からイイネやコメントがもらえるので、まだアドバンテージはあると思いますが、油断せず危機感をもって挑みたいと思います。

GAFAが強力なサービスで一般サイトにも迫ってくる中、それをうまく武器として使い、どこよりも先に囲い込みにかかれるかがポイントだと思います。

マーケティングの求人市場

※「マーケティング 転職」でSEO上位を目指すブログ。弊社のマーケティング部の業務内容の紹介、転職者のための求人紹介を行います。

 

弊社では東京営業部のマーケティング部に新たな人財を募集しています。

求人募集ページは以下をご覧ください。

マーケティング求人 東京営業部

 

 

今回はマーケティングの求人市場についての内容です。

いまやどの業界でもマーケティングは必要不可欠となってきていますが、プログラミング人材と同じで不足しています。

そもそもマーケティングという概念は何年も前からありましたが、それを重要視していた企業がそれほどあったとは思えません。ここ数年はSNSの台頭で、WEBマーケティングを中心に需要が高まってきています。

チャネルが増えた分、それぞれを意識してマーケティングするスキルが求められています。SNSもそれぞれ特徴が違うため、熟知しておく必要があります。

大手求人転職サイトを見ると、「マーケティング・商品企画・広告宣伝」などのカテゴリで、自社の商品をマーケティングする求人が多く見られます。マーケティングの基本概念は同じですが、取り扱う業種・商品・時代で手法はまったく変わってくるため、転職をしてスキルアップを図ろうとする人は多いです。

 
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
↑以前書いたUSJを再建した森岡さんの書籍、この方はただモノを売るという狭義のマーケティングだけではなく、モノを売るために社内リソース、会社をどのように動かして包括的なマーケティングをするかを説いています。そして、そのような人の役割をCMOといいます。Chief Marketing Officerですね。会社のマーケティングの責任者に当たります。

この役割は企業で非常に重要になってきます。CEOと連携し、会社のリソース、意思決定をスピーディーに回し、マーケティングによって事業を最大化します。

ただ、そこまでの実力がある人は中々現実的に少ないと思います。1,2年マーケティング部で働いていました!という人は、断片的なものしか見ていない可能性が高く、一部のノウハウはあるでしょうが、戦う場所が変わった際に適用できる可能性は低いと思います。

私自身、ポケパラと共に10年走り続けてきました。その中でどのようにビジネスが変わっていき、どうすれば失敗するか、どうすれば成功しやすいかを現場で体感していきました。システムエンジニアという立場でしたが(2018年3月から代表就任)、ディレクション、マーケティングもすべて責任者を兼務してきました。この経験は自身でもとても大きいと感じています。自分の人生を変えたと思っています。

これは自分の勝手な見解ですが、このように1つの大きな事業に何年も寄り添い、現場で体感した人こそCMOになれる素質があると思います。現在弊社では名古屋本社に専属のマーケティング部があり、東京大阪でも兼務のマーケティング部があります。すべてのチームを私が監修していますが、いま募集しているマーケティングの経験者にジョインしていただき、事業を最大化し利益も最大化したいと考えています。

営業という仕事

私は休日で時間があるときはAmazonFireTVでYoutubeのビジネスチャンネルをパラパラ見ています。

おすすめとしてできたのが今回の動画です。「トップ営業とはどのように生まれるのか」

弊社にも各営業所にポケパラの営業がいます。世の中にはさまざまな営業職があり、それぞれのノウハウがあると思います。その中でトップの営業とはどのような人なのか、どのような能力があるのか気になりこの動画を視聴しました。

 

一般的に営業職というと、モノを売るというイメージがあると思います。とにかく売ってインセンティブを稼いで年収を上げる。など、やる気と熱意があって金をゴリゴリ稼ぐというイメージが大きいと思います。

実際そのイメージ通りに仕事をしている人も多いと思います。特に広告代理店であれば商品にもよると思いますが、とにかく数を売って売上を上げる。それが仕事という所もあるでしょう。

弊社が生業とするナイトワークの業界でも広告代理店は多くあり、古くからさまざまな商品を仕入れて売りまくる。というスタイルでやっている会社も多いです。売って終わり、その後のサポートは薄いというスタイルの会社も多くありますが、そのやり方が構造的に崩壊しつつあるのも事実です。

 

一体、営業という仕事は何をすべき職業なのか、社会にどう貢献していくべきなのか、改めてこの動画を見て学ぶことができました。

この動画はプルデンシャル生命の保険営業のトップセールスマンにフォーカスした内容です。その人の考え方、この企業の精神について非常に深く知ることができました。

ライフプランナーというのは、保険を基に人、企業をサポートする仕事です。お客様に安心した人生を送ってもらうために、サポートする仕事です。非常に奥が深くてやりがいのある仕事ですね。

 

今回の動画でポイントはいくつかありました。

まず、弊社でもコンサルティング営業としてお客様をしっかりサポートしていますが、この動画でも「お客様とつながるまでは営業、そのあとは営業じゃない、コンサルティングして相手を助ける」という表現がありました。

営業としての仕事のスタートはお客様に自社サービスを使ってもらうために、電話などでアポイントを取り訪問し説明することがあります。このお客様とつながるというのは簡単ではなく、個々の能力によって差が生まれます。これも営業力です。しかし、つながった後にいかに契約まで繋げるか、これについてもこの動画でポイントになる部分がありました。

「相手の課題、問題を自社サービスで解決してあげる。相手のことを思って助けることを前提で提案をする。」

一般的に営業というのは、なんとしてでも自社商品を相手に売る。実際には相手が必要としていなくても、あれこれと説明をつけて売りつける。というイメージも多いと思います。最近起きたかんぽ生命の事件も同じです。営業社員がインセンティブを得るために二重払いをさせたという、典型的な悪しき売り付けの温床です。しかし、これでは継続することは決してできません。謙虚さを忘れて相手のことを思いやること忘れ、自己の利益だけを追求してはいけません。

社会というのはさまざまな会社が独自のサービスを磨き上げ、それを必要とする企業・人に提供することで利益を上げています。誰かのためになるモノを謙虚に作り続ける企業が長く続きます。私はそう思います。

「お客様を愛しなさい。相手のためになることを考えて仕事をしなさい。」

このような言葉も動画にはありました。

弊社のポケパラはキャバクラ、ガールズバーなどの店舗に契約をしていただき、お客様に集客・求人の効果をお返しすることが存在意義になります。これまでのこの業界の風習は、スカウトで女の子を集め、キャッチで集客する。しかし、悪徳なキャッチ、スカウトマンが現れ、それ自体が違反となっています。その中で、如何にポケパラを使っていただき、如何にお客様がハッピーになってもらえるか、それを全社員が追求しながら仕事をしています。毎月閉店して掲載が終了する店舗も多いですが、それはポケパラがサポートしきれなかったことも原因です。斜陽産業といわれる業界ですが、ポケパラで盛り上げて、すべてのユーザーに楽しいを提供し続けます。

 

さらに別の動画で以下の言葉も見つけました。

「コミュニケーションとは人を動かすこと、人の心を動かすこと」

ポケパラの提案に言って契約までいかず断られたときは、相手の心を動かせなかった、ということです。これこそ営業力ですね。

また、このブログを書きながら関連動画を見ていましたが、1つだけ動画を紹介して終わります。

 

このプルデンシャル生命という会社が好きになりました。企業理念、それぞれの社員の理念も素晴らしく、さらに時代に合ったYoutubeでしっかりプロモーションもしている。ほかにも動画はたくさんあったので、みなさん時間あるときに見てください。

マーケティング 転職 SEO

※「マーケティング 転職」でSEO上位を目指すブログ。弊社のマーケティング部の業務内容の紹介、転職者のための求人紹介を行います。

 

弊社では東京営業部のマーケティング部に新たな人財を募集しています。

求人募集ページは以下をご覧ください。

マーケティング求人 東京営業部

 

弊社は本社は名古屋にあり、名古屋には約半年前にマーケティングを設立しています。東京営業所でも約2ヶ月前にマーケティング部を設立しました。東京のマーケティング部は、営業、制作から有志で集まり、メイン業務と兼務でやってもらっています。

名古屋、東京のどちらのマーケティングのメンバーは、全員マーケティング業務は未経験です。マーケティングの知識を書籍など学びで得ながら、日々試行錯誤を重ねています。

しかし、より事業をスピーディーに拡大するためには、マーケティングの経験者の方に加わっていただくのがベストと考えています。特にWEB業界でマーケティングを経験している方は大歓迎します。

ポケパラはキャバクラ業界の総合ポータルサイトで、集客と求人の両面があります。現在すでにインスタグラム、Twitterでプロモーション施策を行っています。その他、看板、アドトラック、Google広告、うちわ配布など、さまざまな施策を運用しています。

また、WEBサイト上の機能も多岐にわたります。現状ある機能の精査、時代に合わせた新しい機能の提案も行っていただきます。今後はSEOだけではなくSNSでの囲い込みも必須になります。時代の流れを読み、適切な戦略で効率よく実行していかなければいけません。

既にいくつもの施策・プロジェクトが回っています。効率的に高速にPDCAを回し、ビジネスにおいて利益が最大になるようにチームワークで進めています。

マーケティング経験者の新たなノウハウを掛け合わせて、ポケパラの拡大を目指しましょう。

 

マーケティングの転職市場は熾烈を極めているため、ハイレベルな人財を獲得するのは容易なことではありません。このブログでSEOによる自然流入で弊社のことを知ってもらい、会社に加わってくれる人をお待ちしています。

【まとめ】ポケパラ全国会議2019.7

先週の金曜日に名古屋でポケパラ全国会議が開催されました。

北海道から九州まで、各エリアの代理店様、自社の営業が集い、3時間の濃厚な会議になりました。

まずは各エリアの直近の売上推移と今年の目標、状況の発表共有が行われました。これは毎回会議のはじめに行われることです。

これらの共有がなされた後、本題に入ります。

 

今回の主な議題は、ズバリ「SNSの活用」です。

インスタ、Twitter、TikTokを如何に活用し、ポケパラの認知度を上げ成果に繋げるか。現在実施中のポケパラ100万円キャンペーンをベースに、関係者全員で分担協力の下、バズらせる施策を考えます。

施策を講じていく前提に、なぜいまSNSに注力すべきかの共通認識を持つための話をしました。

 

Twitter、Facebookは日本で2008年にサービスを開始しています。その後2014年にインスタグラムが日本でサービスを開始、そこから一気にSNSの利用が広まりました。

特にインスタ、Twitterの普及でユーザーの検索動向に大きな変化が表れています。会議でも話題に上げましたが、以下のぐるなびの記事をご覧ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00288323-toyo-bus_all&p=2

以前にもぐるなびについてブログを書きましたが、サイトの性質や企業体制だけが衰退の原因ではなく、そもそものユーザーの検索動向の変化も大きく影響していることが書かれています。

インスタが現れる前は、例えば『名古屋でデートで使えるおいしいイタリアンを探したい』という時は、GoogleかYahooの検索エンジンで「名古屋 イタリアン」と検索し、ぐるなび・ホットペッパー・食べログでお店を探しました。

今でも全体の割合で見れば検索エンジンの利用が多いと思われますが、若い世代を中心にSNSの利用が日常的になっている層は、インスタ内でハッシュタグ検索でお店を探します。もちろん全員というわけではなく人によりますが、インスタ映えを意識する層ほど「ググる」よりも「タグる」に変わっています。

つまり、インスタが現れるまでのぐるなびの競合は食べログ、ホットペッパーなどの一般サイトでしたが、昨今ではその競合に加えインスタがその構造を破壊する勢いで巨大な競合となってしまいました。その中でも食べログは口コミに注力しSEO強化でユーザーの囲い込みに成功、ホットペッパーはリクルートポイントを活かしネット予約とポイントで囲い込みに成功。ぐるなびは全国にいるコンサルティング営業部隊と特集コンテンツをウリとしていましたが、SEOが下がり媒体力が下がり、無料のインスタにシェアを奪われ、コストばかりが膨れ上がり見る見るうちに売上が下がっていきました。

このように飲食業界ではSNSによる構造破壊がここまで進んでいます。SNSを上手に使いこなせる飲食店であれば、映える写真でインスタの更新を多めにして、メニューはオフィシャルサイトか無料食べログでコストダウンが図れます。ただそこまでSNS一本で賄える店舗は少ないため、食べログ・ホットペッパーなどのポータルサイトからの流入は必要になります。

 

この変化はキャバクラ業界でも同じことが言えます。特にインスタは非常に多くの店舗・キャストが使用しています。インスタを駆使しているキャバクラであれば、インスタから集客や求人も見込めるでしょう。

今後ますますSNSの利用が増えていく中、ポケパラがぐるなびと同じ道を辿らないようにしないといけません。常に危機感を持って、SNSでは実現できないサービスをポケパラで実現しないといけません。ポケパラだから感じられる楽しいサービス、便利なサービスを開発し続けないと、SNSにシェアを奪われてしまうのは間違いありません。ブログに関しては、ポケパラのキラーコンテンツですが、ただ投稿するだけであればインスタでも同じことができます。ポケパラで投稿することのメリットを常に感じてもらい、SNSをポケパラの武器として有効活用しないといけません。

 

非常に長い話になってしまいましたが、以上がSNSに注力すべき理由になります。

キャバクラ業界でSNSが単独で伸びていくのではなく、ポケパラを伸ばす武器にしないといけません。簡単な話、インスタ・TwitterのプロフィールURLをポケパラのURLにしてもらい、詳しくはポケパラで見てもらう環境をつくらないといけません。

合わせてキャンペーンなどでSNS内でポケパラがバズる仕組みを継続的に作り続け、SNS内のキャバクラ分野=ポケパラ を作り上げます。

 

これらの体制を作りつつ、実際に各関係者がどのように連携してバズらせるか、も課題です。これまでは基本的に本部が積極的にキャンペーン発信を行い、地方は任意で協力してもらっていましたが、今後は本部がどのように地方と連携しバズらせるかを戦略的に考えて実行し続けないといけません。100万円キャンペーンを全国隅々まで行き届かせるため、関係者全員の協力が必要になります。

この戦略的に考えて実行する というのはマーケティング部の手腕にかかってきます。

 

SEOも非常に大事ですが、Googleはアルゴリズムをコロっと変えてしまうことがあります。その変化にも動じない体制を作るため、SNSを駆使しないといけません。

ハリポタGO

ポケモンGOを出しているナイアンテックが新たなARゲーム「ハリポタGO」を発表しました。

ポケモンGOと言えば、私もまぁまぁ流行りました。3年ほど前かな。中村区に住んでいた時に、毎日会社から歩いて帰ってました。卵を孵化するために頑張ってました。合わせて運動になるからいいアプリですよね。東京営業所でも何人かで盛り上がっていたのを思い出します。懐かしい…

 

ハリポタGOは果たして流行るのか。自分自身は普段はゲームしてる暇はないが、日曜日に気分転換で公園を散歩しながら遊ぶのはいいかも。

ナイアンテックのポケモンGOで成功した実績と、ARゲームのノウハウがあるから、今後人気のアニメや映画といくらでもコラボできそう。

ナイアンテックのビジネスモデルは、ユーザーに無理な課金をさせるのではなく、企業と提携してそのスポットでイベントを打つことで、その企業に誘導する仕組みです。その企業から結構な額の手数料をもらうわけですね。

ハリポタGOはまずソフトバンクを提携するそうです。ソフトバンクストアに行けば、なにか仕掛けが待っているわけですね。

 

ユーザーも無理のない課金で楽しめるし運動になって健康になれるし、素敵なアプリですね。

大体の成功しているゲームアプリは、ヘビーユーザーの高額な課金で成り立っているのが実情です。(自分も5年くらい前にパズドラに結構課金してた)

高額課金なんていつまでも続かないし、その結果大手のスマホゲーム会社は業績が悪くなっている。ゲームを主力事業とする会社は怖いですね。当たれば利益率は凄まじく高いですが。

今回のナイアンテックもアメリカの企業だし、GAFAをはじめ最後に笑うのはいつもアメリカの企業なのかな。