ポケパラの歴史その3

その2から大変時間が空きました。

さぼっていたわけではありません。インスタの更新で忙しかったです(*´Д`) え、インスタも仕事での更新ですよ!インスタから掲載依頼も3件頂いていますし(;・∀・)

 

 

それでは本題。

今回は「ぽけったー」の話。

名前からして何かを模しているとお感じですよね。

そうです、Twitterを模しています。

 

Twitterが日本で流行りだしたとき、『これだ!!』と浅はかに考え実装しました。

そしてその仕様は、キャストがログインした状態でのみ見れる空間を作り、そこでTwitterのようにキャスト同士でつぶやき合える。。

まず結果から言うと、1ヶ月ももたず廃止!!(ノД`)・゜・。

 

この機能の目的を当時はこう言っていました。(回想中)

「ぽけったーでつぶやけば、みんなが貴女のページを訪れてランキングUP♪」

今考えれば、キャスト同士でページ見合ってランキングあげるなんて何の意味があるんだろうと思う。男性ユーザーにキャストページを見てもらって、来店までつなげるのが本来のポケパラの目的なのに・・・。

たださらに回想すれば、最初の目的は「キャスト同士で交流しよう!!」だったな。全然使われず後付けで「ランキング上がります!」みたいなことを書いた。

知らない人同士がいきなりつぶやきあって交流なんてしないよな・・・。

案の定だいたい30人くらいかな。が1,2回ずつつぶやいて、終了。サービス廃止になりました。

 

今思うとほんと浅はかの一言。方向性も何もなくとりあえず作ってみようというノリでした。ひどいな。

 

 

その後に開発したのは「写メ嬢」。これは数か月は続いたな。何を模したか、何をパクったのか思い出せない・・・。

 

次回は「写メ嬢」についてじっくり思い出して書いてみようと思います!!