アンバサダー・マーケティング

みなさま、アンバサダーという言葉をご存知でしょうか?

CMなどで「ネスカフェ・アンバサダー」という言葉は聞いたことがあると思いますが、大半の人はアンバサダーが何を意味しているのか知らないと思います。

そんな私も弊社が所属するグループ企業のトップ(ここでは会長と呼ばせてもらいます)から言われるまで、きちんと理解はしていませんでした。とても反省です。

この著書自体は2013年に上梓されているため、そんなに新しい言葉ではありません。ネスカフェアンバサダーも数年も前からあるものですので、自分の勉強不足に猛省すべきと感じています。精進します。

 

アンバサダー=大使 と和訳できますが、このマーケティングの世界でのアンバサダーとは、簡単に言うと、ある企業・サービスの熱烈なファンのことです。

この著書ではアンバサダー・マーケティングに関して基礎から実際の応用編まで書かれており、大変勉強になりました。アンバサダーを知らない方は、この著書をじっくり読めば理解することはできるでしょう。

アンバサダー自体は上でも言った通り、企業・サービスの熱烈なファンのことです。ファンというのは今も昔も存在しますし、なにか特別すごいことなのかと言われるとそうではありませんが、そのアンバサダーをマーケティングに応用して売上を上げようというものが「アンバサダー・マーケティング」です。

 

インフルエンサーと混同してしまう人も多いかと思いますが、インフルエンサーとは全く別のものです。

インフルエンサーとはインスタとかYoutubeでフォロワーを多く持つ人で、そこでの配信が世に与える影響力の強い人の事です。企業はこのインフルエンサーに自社のサービスの宣伝をお願いし、インスタやYoutubeで配信してもらうことでサービスを認知してもらうことができます。Youtuberはこの企業との契約で大金を稼いでいる人が多いですね。

 

それに対してアンバサダーは、企業・サービスの熱烈なファンであって、企業とファンの間に金品授与の関係はありません。逆にあってはならないものとして定義されます。

アンバサダーは熱烈なファンであるため、その好きな企業やサービスについて自発的にSNSに投稿したり、アナログな世界で噂話をして広めます。企業はこのアンバサダーを増やすことで、自然と良い口コミが拡散されることを望めます。

このアンバサダーを増やし、口コミをより拡散する仕組みを作ることを「アンバサダー・マーケティング」と言います。

そして、上で言った通り、なぜ企業とファンの間に金品授与の関係があってはならないかというと、それがあってしまうと口コミの信憑性がなくなるからです。熱烈なファンが自然と「このサービス良いよ~」と口コミをするととても信憑性がありますが、金品授与の関係が疑われる人が同じ行為をしても、”どうせ契約して言わされているだけでしょ”とまったく信憑性がなくなってしまいます。

芸能人でインスタに投稿してもらったり、Youtuberに拡散してもらうことはお金を払えばすぐにできますが、アンバサダーを増やすことはそんな簡単にできることではありません。本当に良いサービスを開発し、ユーザーに真摯に向き合って良いサービスを提供し続けることでアンバサダーは誕生します。

 

この書籍の中盤くらいにこのような表現がありました。

「ユーザーが周りにオススメしにくいサービスは、そもそもアンバサダー・マーケティングにむいていない」 例えば、風俗店に関する事や、内緒で掛かっている病院など、周りに言いにくいことは向いていないということです。インスタで「今日、名古屋の風俗に行ってきた。サイコーだったぜー」なんて友達や仕事仲間が見ているインスタで投稿しませんよね?w このように周りに言いにくいことは、そもそもアンバサダー・マーケティングは諦めてもいいかもしれません。

この一幕が出てきたときに、弊社のキャバクラサイト「ポケパラ」はどうなんだ・・・と考えました。上の風俗に行ってきましたと同じことが言えるんじゃないかと・・・。でもよくよく考えると、風俗もキャバクラもわざわざSNSで行ってきました感想をUPしませんが、職場や友人と男同士の会話の中では「あのお店よかったよ」とかありますよね。そこに着目すれば「ポケパラ」でもアンバサダー・マーケティングは適用できます。

また、「ポケパラ」は働く女の子に着目すれば、インスタなどで日々のことをUPしているキャバ嬢は多いので、そこにフォーカスすることはできます。ポケパラはポケパラバイトという求人サイトもあるので、女の子にアンバサダーになってもらってポケパラについて発信してもらえれば、十分プロモーションになります。

もちろんポケパラ・アンバサダーになってもらうには、ポケパラが良いサービスを提供し続けなければいけません。良いサイトであり良いサービスを開発・提供し続ける必要があります。

弊社の経営理念の「世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく」でもあるように、ユーザーに毎日”楽しい”を提供し続けないといけません。”楽しい”と感じてもらえれば、自然とインスタで#ポケパラとタグをつけて配信してもらえますし、「今日はポケパラさんで撮影しました。とっても楽しい雰囲気でした♪」などと投稿してもらえます。

 

今後はポケパラ・アンバサダーになってもらえる人を増やし、斜陽産業と言われているこの業界を逆に盛り上げていかないといけません。それが「ポケパラ」の使命でもあり、弊社の使命でもあります。

良いサービスを開発するには良いアイディアが必要です。日々みんなで考え、世の中に楽しいを届ける仕事を継続していきます。

 

世の中に楽しいを、自分たちはもっと楽しく

アイディアは世界を変える

笑ジャパン