周囲への良い影響

行動指針にもある「周囲への良い影響」について、今一度みんなに同じレベルの認識を持ってもらいたいです。

 

今回改めてこの内容のブログを書こうと思ったのは、自分自身もこの考えに至ったルーツを回想したからです。

基本的には社員同士がお互いの頑張りで刺激し合い、高め合う環境がベストです。すべての社員がそうであれば、会社はよりスピーディーにレベルアップし、よいサービスを安定して供給できる強固な組織になります。

弊社のグループ会社のトップ(ここでは会長と呼ばせてもらいます)と普段からミーティングをさまざまな場面で重ねています。何十年も会社を経営してきた方なので、パワフルで緻密で、特に営業部の現場のオペレーションも最前線で行います。

その会長から日々「自分の発言に気を付けなさい」と言われています。笑ジャパンの代表として1つ1つの発言が社員にとても影響します。当たり前のことですが、1つ1つの発言から自然とその会社の見えない部分の方針・文化というものが形成されますし、社員のモチベーションにもとても影響してきます。

私自身の”周囲への良い影響”は、この発言する内容や熱量、仕事に対する姿勢で会社全体の能力を上げることです。そしてその成果として売上を上げること。売上を上げることで社員の給料も上げられ、みんなハッピーになれます。

このブログの存在意義もそこにあります。普段から会議の場や、飲み会の場などで自分の考え方を熱く語りますが、やはり伝え方やタイミング、聞く側の状態によって認識がずれる場合があります。このブログで文章として残し、おのおのがしっかり読んでくれれば全員の理解が深まると思います。

 

最初に書いた”周囲への良い影響”のルーツですが、日々会長の振る舞い、背中を見て勉強している部分は大きいですが、自分の根底にあるルーツは父親です。

日本の古き良き言葉で”背中を見て学ぶ”ということがあります。上長・先輩レベルの社員に対して伝える目線で言い換えると、後輩が背中を見て学べるように振る舞え。と言えます。これはイコール後輩・部下への良い影響になります。

なぜ自分のルーツは父親にあるか説明します。父親は土木会社で設計から現場の作業まで行っています。私の小さいころからずっと同じ会社に勤め、とても仕事熱心な人です。

今でも脳裏に焼き付いているのは、休みの日でもデスクに向かって設計図をずっと描いていることです。今日も休みなのに仕事してるんだなと、その頃は特に何も感じること無く、ただ仕事ばかりしてる父親と思っていました。

その父親の姿勢は、私が社会人になってから自然と自分のルーツとなっていきました。一生懸命なにかに取り組む姿、その背中は、周りにこんなに良い影響を与えるんだなと。もし父親が休みの日は飲んだくれて寝てばっかりの人なら、今の自分は無いと思います。人に与える影響というのはとても大きいんだなと感じさせられます。子どもであれば幼いころに親の背中を見て学ぶ。社会人であれば先輩の背中を見て学ぶ。大人になればなるほど頭が固くなってくるので、20代の内に良い先輩の元で仕事ができることが、その人の人生を大きく変えるでしょう。

 

このルーツがあるからこそ”周囲への良い影響”についてはとても厳しくなります。この指針の逆で周囲に悪い影響を与える社員には容赦なく評価を下げます。

全員が成長できる。全員が仕事が楽しく、楽しい人生を送れるため、高め合える職場にしていきたいです。