サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

最近は名古屋駅の三省堂がメイン書店になってきました。

最新ビジネス書籍コーナーで紹介されているものが、とてもおもしろく良い書籍が多いからです。

そこで紹介されていた中の1つがこちらです。

「サブスクリプション」と言われれば、理解している人もいるでしょうが、WEBビジネスに精通している人じゃないと知らないでしょう。

身近な例でいうとアマゾンプライムビデオ、ネットフリックス、Huluなどがあります。従来、家で映画を見ようとしたときは、ゲオやTSUTAYAにいきDVDを1枚単位でお金を払い借りていました。サブスクリプションは1か月でいくらなど、期間に対して定額を料金を支払い、その中であればどれだけサービスを使っても良いことになります。

最近でこそこのサブスクリプションを採用するサービスは増えてきました。アマゾンプライムビデオなんてとても便利ですよね。何本映画・ドラマを見ても年間で4,000円くらい。ネットフリックスやHuluなどと比べて安すぎますが、アマゾンプライムビデオは他の事業と戦略を絡めているため安いです。

ただここでシンプルに疑問に思うと思います。その仕組みだと企業側が損をしているだけでは?と。確かにアマゾンプライムビデオで1か月に見る本数*100円で計算すれば数千円になりますし、それを徴収した方がアマゾンは儲かる。私も漠然とこうゆう理由だろうなと思っていましたが、この書籍を読んで経営上の戦略などを理解できました。

映像配信ビジネス以外でもサブスクリプションで成功している有名なIT企業があります。MicrosoftとAdobeです。

Microsoftは「Windows95」の成功から始まり、OS事業で巨額の富を築いてきました。

ここからは自分の推測のみで書きますが、サブスクリプションへの転換の理由は「WindowsXP」にあると思います。

この単語を聞くのが懐かしいと思いますが、「WindowsXP」までが売り切りモデルで成功した商品と言えます。サブスクリプションモデルに変わる前は、1OSで数万円など、買い切りモデルで多くの需要があったためMicrosoftも儲かっていました。

しかし、WindowsVistaでこけました。XPからの乗り換えが全然進まず業績は悪くなる一方。その後サティア・ナデラCEOによってサブスクリプションモデルに移行が進められました。

皆さんもWindowsXPを長く使っていた記憶がありますよね。それなりに高性能で軽く、使用上なにも問題がなかったため、新しいOSに乗りける企業・個人は少なかったです。そして後にXPのサポートが切れるためWindows7等に乗せ換えるよう働きかけました。

なぜ企業・個人はXPから乗せ換えをしぶっていたのか。当たり前ですが、企業で全社員のPCのOSをバージョンアップしようとすると、その分の費用がかかります。すごい金額になります。個人もわざわざ快適に使えているのに乗せ換えしませんよね。

サブスクリプションであれば企業も初期費用を抑えられますし、月額という認識ですので経費も組みやすくなります。OSのバージョンアップ時に追加費用も発生しないため、長期的に安心して使用できます。

このサブスクリプション会員が増えることで売上が安定し、中長期的な目標を立てやすくなります。買い切りの売り方だと、発売当時は売上が上がるが、その後下がっていくのみ。サブスクリプションだと会員数が急激に減らない限り、緩やかに一定の売上UPが見込めます。

これの何がいいかって、企業価値が上がります。株主は安定して投資ができるため株価が上がるわけです。こうやってMicrosoftはオワコン時代から復活を遂げました。

 

このサブスクリプションモデルで重要なことが書籍に書かれていました。

上で説明した企業のメリットはもちろんですが、ユーザーのメリットに重点を置かないと成功しないモデルです。

ユーザーは月額で払ってさまざまなサービスが利用でき、無償バージョンアップもできる。つまり企業側は毎月お金を払っているユーザーのために、提供しているサービスを常に改良し、新しいものも提供していく。企業は安定した収益を見込めるためサービスの改善に資金を投入しやすくなります。アマゾンプライムビデオもオリジナルムービーなど多く制作していますし、ネットフリックスは自社作品に80憶円を投じると発表しています。

 

 

そこでこの仕組みを弊社のサービスにどう当てはめていくか…。

ポケパラって店舗様から月額制で料金をもらっているが、これはサブスクリプションモデルなのか・・・?

サブスクリプションではないが、常に機能改修・追加はしていますし、収益の仕組み的には近いものだと思います。(サブスクリプションは一般的には幅広いユーザーに提供するものという認識)

月額費用を安価にし、できるだけ多くの店舗様に長く掲載していただく。

ここで比較になってくるのが一般的な求人サイト。リクナビ、マイナビ、エン転職。弊社でもリクナビ、エン転職には掲載していますが、常に掲載しっぱなしはできません。なにせ月の掲載料金が40万円~100万円しますから。安いプランもありますが、載せても効果は出ません。

料金以前にそもそもサービス内容、目的が違うじゃんと言われればそれまでですが、Wantedlyは安い月額で長期掲載モデルで成功し始めている会社です。

 

というわけで、すぐに弊社サービスにどう当てはめるかってのは難しいですが、今後の新事業を検討する際に必ず武器になってきます。

 

以上