メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

明けましておめでとうございます。

 

成功企業の歴史の本を読むことが好きで、久しぶりにですが最近の成長企業である「メルカリ」の本を読みました。

リアルなサービスローンチ時の苦悩や、その後の展開、出資金集めの状況など、とてもワクワクする内容でした。

 

ローンチ時には社員自ら出品したり落札したり、「サクラやんっ!」て思いましたが、本当にリアルに綴っていることがわかりました。

サービス運営のノウハウも得ることができました。顧客対応の重要性、そのための体制づくり、プロモーションの手法・タイミング。包み隠さず書いてありました。

1つ1つの判断がとても重要で、1つでも間違っていたら今のメルカリは存在しないだろうと思います。社長の決断力と行動力の重要性も身に沁みました。

まだまだ四半期決算で20億円以上も赤字のメルカリですが、攻めの姿勢は変わっていないようです。国内は黒字ですが、海外展開でかなりの投資をしているようです。

 

ポケパラもWEBサイトローンチから、今年の9月で10周年を迎えます。多くの失敗を繰り返し、やっと軌道に乗り始めたかなというところです。

これからは「とりあえずやってみよう」じゃなく、事前にしっかり分析・精査した上でスピーディーにいろんなことに挑戦していこうと思っています。

ポケパラ以外にも事業があるので人材リソースを適切に配置し、スピーディーな経営をしていきます。