メルカリ、郵便局に無料の梱包スペース設置

タイトルの通り、メルカリが「つつメルすぽっと」という名称でサービスを開始するそうです。

 

メルカリは、みなさんご存知の通り個人買いで簡単にモノを売買できるサービスです。

僕もまぁまぁ使ってます。家にあるもうほぼ着ない衣服を何着か売りました。

コート、ジャケット、靴などを売りましたが、梱包の仕方がわからなかったのでネットで調べ、100均で必要なものを集め梱包しました。

 

現在のメルカリですごいと思ってるのは、売る側買う側のそれぞれが個人情報を非公開でやりとりできることです。

相手の住所を把握しなくても配送ができます。

アプリからバーコードを発行し、コンビニで見せるだけで完了です。ほんと手軽です。

 

メルカリはいかに売る側がスムーズに準備できるか、プラットフォームを整えようとしていますね。

コンビニでの簡単配送はとても便利ですが、梱包の仕方がわからない人は苦労するでしょう。さまざまなものが売れますが、形もさまざまなため、よい梱包方法がなにか悩みます。

そんな悩みを解決するためのプラットフォームを今回追加するんですね。

 

郵便局は大小ありますが、都会にあるものは結構広いため、メルカリ梱包スペースは大変便利になるでしょう。

とりあえず売るものをもっていけば、梱包してそのまま窓口で配送までできる。めっさ便利です。

CtoCの売り買いサービスはいくつか競合がありますが、メルカリのプラットフォームが秀逸だと思います。

ユーザーがいかに簡単に利用できるかが競争のカギになると思います。

 

これはWEBサイトでも同じことが言えます。

ポケパラはキャバクラ業界のプラットフォームになりつつありますが、プラットフォームというからには圧倒的にならないといけません。

シェアを90%以上にし、当たり前にポケパラを使用するまでの存在にしないといけません。

キャバクラに遊びに行く人も当たり前に「ポケパラ」、バイトを探す人も圧倒的に「ポケパラバイト」。そうならないといけません。というか、なります。遅くても5年以内には。

 

そのためには何をしなければいけないか。

まずはWEBサイトを圧倒的に使いやすく、わかりやすいものにしないといけません。そのうえで「楽しい」サービスを作り続ける。

デザイン、システムともにユーザーに寄り添ったプロダクトを作り続ける。

WEBサイトのデザインは、かわいい、かっこいい、ではなく、いかにユーザーが使いやすくデザインするかが大事です。そのうえで、かわいい、かっこいいなどを付け加えます。

 

プラットフォームになるために、ポケパラにあと何が必要か。

なんでしょうね。答えは何通りもあると思いますが、やはり絶対的に必要なのは『信頼』ですね。

ポケパラだったら楽しめるお店を見つけられる、ポケパラバイトだったら楽しくバイトできるお店を見つけられる。ポケパラだったら毎日楽しめるコンテンツがある。ポケパラバイトだったらナイトワークの疑問を解決できる。ポケパラがあれば出張先で楽しい夜を過ごせる。ポケパラがあれば人生が楽しくなる。

そんな『信頼』されるサイトにならないといけません。

一部の人だけが楽しいではだめです。利用する全員が楽しめるサイトでないと。

この業界のプラットフォームとして、この業界を支え・盛り上げていかないといけません。

 

そんなプラットフォームになる。と一言で言っても、その裏にはさまざまな要素があります。

良いサービスを、良いプロダクトを作るには、良い人が必要です。

楽しいサービスを作るには、楽しい仲間が必要です。

要するに人です。人財です。

すべては人次第です。

 

名古屋本社の開発部隊としては、ひとまず十分な人財が揃っていますが、東京営業所の営業職、営業サポート職はまだまだ不足している状態です。

東京営業所は、10年の歳月、下積み時代を経て、今がもっとも伸びている状態です。

知名度が日々向上し、集客・求人共に効果が出て、そのおかげで紹介での新規掲載が毎月多数いただけています。

そのため、新しい仲間を急募しています。リクナビで先週から応募を開始しましたが、何名かの人と面接をさせていただき、新たな仲間が加わることを楽しみにしています。

 

この東京営業所の人材確保が、いまの笑ジャパンの最重要ミッションとなっています。5年で月商1億円を目標としている東京営業所で、新たなメンバーの参加でこれが加速します。

営業経験ある方であれば、ポケパラのイロハを覚えていただければ、どんどん担当店舗を持っていただきインセンティブも獲得することもできるでしょう。

営業未経験の方でも、ルート営業として先輩社員のお店を引き継ぎ、着々と成長することはできます。

新たな人生を歩む先に、笑ジャパンを是非選んでいただきたいと思います。

 

”楽しい”仲間と共に、”楽しい”仕事をやりましょう☆