サイゼリアの客離れが止まらないらしい

NewsPickからの情報です。

 

格安イタリアンのファミリーレストランのサイゼリアの既存店が、15ヶ月連続で前年割れしているそうです。

 

店舗運営コンサルタントの見解では、「全席禁煙を進めた結果、『ちょい飲み』客が離れた」とありました。

 

飲食店の禁煙化については、吉と出る場合も凶と出る場合もありますね。

もともとサイゼリアでちょい飲みしたことがなかったので、そうゆうイメージはなかったですが、お小遣い制のサラリーマンの見方だったんですかね。

サイゼリアのデキャンタワインは量の割にとても安く、ドリアとかピザもコスパは最高。

 

ただ、全席禁煙にして方針転換をするなら、次の戦略も立てておかないと単純に客離れになりかねない。もちろん戦略はあったんでしょうが、結果的に減益。

串カツ田中も同じく全席禁煙にして、愛煙家の人は離れたが、それ以上にファミリー層が増えて売り上げは上がっています。

串カツ田中は全席禁煙にした上で、出店エリアも住宅街を増やし、きっちりファミリー層を獲得しています。

 

個人的にはたばこは嫌いなので、全席禁煙はとてもウェルカムです〇

 

時代の流れに合わせたすばやい戦略転換は、特に飲食店には求められますね。

禁煙ブーム、健康食ブーム、さらに食材の高騰など、悩みはつきませんね。

飲食店オーナーの気持ちになって、5分ほどちょっと考えてみました。